スポンサードリンク

香川県パブコメ、“原本”公開巡り議員らが再び申し入れ 「検討委限定・口外不可」の制限撤回を求めるも認められず(ねとらぼ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

香川県パブコメ、“原本”公開巡り議員らが再び申し入れ 「検討委限定・口外不可」の制限撤回を求めるも認められず
[元記事]
 「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮)」に関するパブリックコメントの“全意見(原本)開示”を巡り、共産・自民議員会・リベラル香川の議員らが委員会側に対し、「閲覧制限の撤回を求める申し入れ」を行っていたことが分かりました。条例の制定に反対していた秋山時貞議員(共産党)のTwitterによると、申し入れは認められず、さらに「パブコメの内容については一切口外しないよう念を押された」うえ、さらに「情報漏洩があった場合、閲覧者全員が連帯責任を負う旨の署名を求められた」とのこと。【「開示を認める」としていた委員会回答】 当該のパブコメを巡っては、約2週間の受付期間中に2686件もの意見が寄せられましたが、これまでに公表されているのは、議会事務局側が意見をまとめた「概要」のみ。秋山議員らは委員会に対し、概要ではない「全意見の開示」を求めて申し入れを行い、3月17日には委員会側から「開示を認める」との回答が示されていました。
 しかし、委員会側は同時に「開示は“検討委員のみ”に限定」「採決後の18日13時~19日17時の期間限定」、さらに「メモや口外も不可」という厳しい制限も要求しており、これに対し秋山議員は「これでは公開と言えない」と委員会側を厳しく非難。今回の申し入れは、こうした「閲覧制限」の撤回を求めるものでした。
 秋山議員は18日、自信のTwitterで、制限撤回の申し入れが認められなかったことを明かすとともに、あらためて「こんなこと認められない」と委員会の対応を批判。なお、委員会側がなぜパブコメの内容について「一切口外しない」よう求めているのか、理由については不明です。
 同パブコメを巡っては、地方の条例としては不自然な“賛成票の多さ”が疑問視されていたほか、ねとらぼ編集部にも匿名で「会社の上司から『賛成します』と書かれたひな形に名前や住所の記入を要求された」といった真偽不明の情報が寄せられるなど、裏で何らかの“工作”が行われていた可能性も指摘されています。ネット上では秋山議員のツイートを受け、「議員にも閲覧させないってどういう事だよ」「そんな事許されるの……?」など、引き続き委員会の姿勢を疑問視する声が多くあがっています。
 なお、「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮)」は3月18日の議会で採決され、賛成多数により可決、4月1日より施行されることが既に決定。また、ねとらぼ編集部でも香川県に対しパブコメ原本の開示請求を行っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク