スポンサードリンク

【Excel】桁が多すぎて数値が読み取れない!エクセルで簡単に大きな数字を見やすく変更するテク(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

【Excel】桁が多すぎて数値が読み取れない!エクセルで簡単に大きな数字を見やすく変更するテク
[元記事]
◆ 入力してはみたものの、数値が大きすぎてパッと読み取れない……
 Excelで売上などのデータを管理していると、大きな数値を表に入力することがあります。例えば、次の「国別売上一覧」の表(①)に入力されている数値は、かなり大きいですよね。このくらいの桁の数値になると、パッと読み取るのは難しくなってきます。【この記事に関する別の画像を見る】 この表では数値に桁区切りを入れていないため余計に見づらくなっていますが、これだけの桁数になると、たとえ桁区切りが入っていたとしても読み取りづらいことには変わりありません。
 このように大きな桁数の数値をセルに入力する時に役立つ方法として、過去の記事で「ユーザー定義書式」を使うテクニックを解説しました。この方法は、入力した数値そのものを変えることなく、表示だけを「百万円」単位などに変更するというものなので、表示を変更しても計算などが正しく行えるというメリットがあります。ただ、ユーザー定義書式を設定するための書式が複雑なので、初心者や数式に苦手意識のある方には少し難しく感じられるかもしれません。
 単純に、大きな桁数の数値の桁数を減らして見やすくなればよいという場合は、数値の末尾の「0」をいくつか削除してしまうというやり方もあります。でも、1つ1つ削除していくのは大変ですよね。今回は、このような時に便利な「除算貼り付け」というテクニックを解説します。
■コピペの応用ワザ「除算貼り付け」で一気に桁数を減らして表示する
 先ほどの「国別売上一覧」の表に入力されている売上の金額の「0」を3桁分削除し、すべて千円単位で表示してみましょう。千円単位で表示するには、「形式を選択して貼り付け」機能の「除算」を行います。
 例えば、100,000(円)を1,000(円)単位で表示すると100になりますよね。直感的にわかる人もいると思いますが、この時実際は、「100,000÷1,000=100」という計算をして求めています。「形式を選択して貼り付け」機能の「除算」を行うと、このように表示したい単位にするための割り算を効率よくできるようになります。
 今回は、売上金額を1,000単位で表示するので、1,000で割って表示します。まず、この割り算で使用する「1,000」という数値を、欄外のセルに入力してコピーします(①)。ここで入力する「1000」(ここではセルA14)は除算貼り付けのためだけに入力し、後で削除します。そのため、「1000」を入力するセルは、空白セルであればシート上のどこでも構いません。
 次に、除算したいセル範囲(ここではセル範囲B3:B12)をドラッグして選択(②)します。
 選択したセル範囲の上で右クリック(③)し、表示されるメニューの[形式を選択して貼り付け](④)をクリックします。
 [形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。[貼り付け]欄で[値](⑤)、[演算]欄で[除算](⑥)を選択し、[OK](⑦)をクリックします。
 選択したセル範囲の数値が最初にコピーした数値で除算され、すべての数値の「0」が3桁分削除されました(⑧)。これを、「除算貼り付け」といいます。
 除算貼り付けに使った「1000」は、貼り付けが終われば不要なので、削除します(⑨)。削除しても、貼り付け先の結果に影響はありません。表示される数値の桁が変わったので、表の見出しを「売上(千円)」(⑩)と修正しておきます。さらに、桁区切り(⑪)を設定すると、数値が3桁ごとに区切られ、表が見やすくなります(⑫)。
 これなら、大きい桁数の数値が入力された表も、簡単にスッキリさせられますね。
■入力後に桁数を減らしたくなったら「除算貼り付け」をしよう
 今回は、「除算貼り付け」機能を使って、表に入力された複数の数値の桁数を減らして見やすくする方法を解説しました。この方法を使えば、表に数値をすべて入力した後でも、簡単に表示桁数を減らすことができます。ただし、この方法を使うと、ユーザー定義書式を使った場合とは違って数値そのものが変更されます。その点を理解して、使い分けてくださいね。
 「除算貼り付け」の機能自体を知らなかったという読者もいるかもしれませんが、簡単な操作でできることがおわかりいただけたと思います。大きな桁数の数値を扱う機会があったら、ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク