スポンサードリンク

NEWS小山 ファンの無念の思い代弁「飛行機もホテルもキャンセル…早い判断をしていただきたい」(東スポWeb)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

NEWS小山 ファンの無念の思い代弁「飛行機もホテルもキャンセル…早い判断をしていただきたい」
[元記事]
 ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の小山慶一郎(35)が27日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。番組では新型コロナウイルスの感染拡大防止のためライブやコンサートが中止・延期になったことでエンタメ業界が大打撃を受けたことを特集。小山はファンの無念の思いを代弁した。
 政府が26日に今後2週間は大規模イベントの自粛を求める方針を示したことで中止・延期の動きが加速。政府の発表が遅れたことで、当日になって公演中止発表のケースがあった。
 小山が所属するジャニーズ事務所は25日に「27日から3月9日までの公演などを延期または休演する」と発表。NEWSも3公演が延期になった。リーダー・小山は「会場に来てくださるファンの皆さんの安全を最優先に考えて延期という判断をさせてもらった」とコメント。続けて「政府から2週間という(自粛)要請が出ている話。その2週間が経ったときに公演をやるのかやらないのかという判断をする材料とか情報を開示していただきたいと思う。お客さんに来ていただいてのエンターテインメントですから、『今回、政府から要請がありまして、この公演が始められるようになりました』と、僕らが言えるようだと、みんなが安心して公演できると思う。2週間経った後の対応も考えてほしい」と政府に要望した。
 梅沢富美男(69)は28日の藤沢での公演から中止を決めた。安全を考慮しての判断に苦渋の表情で「仕方がないこと」とコメント。会場、スタッフ、キャストの確保などで企画は1年前からスタートする興行の仕組みを解説。「1年間かけて宣伝もし、準備もし、スタッフも予約をするんです。中には『中止になったからゴメンね』っていう会社もあるかもしれない。でも、それでは携わったスタッフがかわいそう。じゃあ、誰が責任を取るんだっていうことですよね。国が責任を取らないから『やめてくれよ』ではなく『自粛してくれ』っていう言い方をするんだ。それが言えないから中途半端な言い方になったと思うんだ」と熱弁を振るった。「うまいこと代替(公演)ができるとしても、小山君が言ったように、お客様に安心ですよと発表できる材料を国に発表してもらいたい」と力を込めた。
 小山は「この日、この時間に空けてくださっているファンの方、お客さんっていうのは飛行機とって、新幹線とって、ホテルをとっている。それを全てキャンセルしなければいけない」と、突然の中止を受け入れたファンも被害者だと強調。「そういうところを見ていると、(国に)早い判断をしていただけたほうが、全体として、僕らも動ける」と早い判断と対応を求めた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク