スポンサードリンク

我が家の天井灯は”指ロボット”から「スマートLEDシーリングライト」に成長中(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

我が家の天井灯は
[元記事]
今回はなんちゃってIoTの指ロボットを卒業して、+StyleのスマートLEDシーリングライトを導入してみた【もっと写真を見る】

 「インターネット家電」と聞くと、登場当初から掛け声だけは大きかった「ホームIoT」製品のハードウェアのイメージが強い。5Gの実力の全貌が見えてくるまで、今しばらくは、家庭内のWi-Fiネットワークが前提となる商品が多く、遠隔からの操作には宅内Wi-Fiルーターや専用のハブ装置を利用することが多いようだ。
 
 ミーハー度では誰にも負けない筆者も、早くから「便利」は無視して「できる」IoTでいろいろ遊んできた。そんな製品の一つが、通称「指ロボット」と呼ばれる、既存の家電品のスイッチやボタン、壁面のシーソー型電灯スイッチを人の指に代わって押してくれる製品だ。
 
 すでに何世代かのモデルを買い替えて、先日までは、「SwitchBot」を寝室のシーリングライトのオン/オフ用に使っていた。SwitchBotもその他の指ロボット同様、多くは、スマホと指ロボットをBluetooth接続し専用アプリを導入したスマホアプリからリモコン操作するのが一般的だ。
 
 そのため、Bluetoothの届く距離が最長距離となり、運が悪いと普通の赤外線リモコンと変わらず同じ部屋の中だけでしか使えないケースもある。もちろん遠隔地からインターネットを介して指ロボットを操作することも可能だが、そのためには専用のハブ装置などが必要なことが多い。
 
 指ロボットを使えば、シーリングライトを点けたままベッドでウトウトしても、手元にスマホさえあればいつでも、電灯スイッチのところまで起き上って行く必要もなく、寝床の中でオン/オフできるので便利な時もある。
 
 少し不便だと思えるところは、スマホでリモコンを使う場合も、SwitchBotだけのために専用アプリを導入しておかなくてはいけないこと。そしてあくまでスマホリモコン使用が前提であるために、スマートスピーカーとの連携設定が後付けで少し面倒なことだ。あと、我が家だけの特殊事情だが、我が家のワンコのボビーがこのSwitchBotのギア動作音を極めて嫌がることだった。
 
 そんなことを考えていた時に+Styleの「Smart LED Dimmable Celing Light」(以降、スマートLEDシーリングライト)を知り、少し暗くなりかけていた蛍光灯の交換時期でもあったので、思い切ってこの新しいLED光源のスマートLEDシーリングライトに交換してみた。
 
スマートLEDシーリングライトの取り付けは簡単
 乳白色のカバーを被った状態の外観は、ごく普通の天井蛍光灯と何ら変わりない。カバーを外すと多数のLEDライトが円を描くように配置されていて、初めて見るとそれなりに妙な迫力だ。天井に取り付けるスマートLEDシーリングライト本体以外には、リモコン装置と取説が同梱されている。
 
 リモコンは、最初にスマホとスマートLEDシーリングライトを接続する際の設定ツールとして使用する。また、主としてスマホをリモコン装置として使わないユーザ用の、専用リモコンという位置づけでもある。もちろんスマホアプリでの操作と並行して使用できて、オン/オフなどのステータスは、スマホアプリにもリアルタイムで反映されるのでスマホ操作ユーザも便利に使えるモノだ。
 
 スマートLEDシーリングライトの取り付けは簡単だ。ごく一般的な天井灯の取り付けと変わらない。筆者宅はマンションなどで普及している「埋込引掛ローゼット式」なので、脚立さえ用意すれば取り付けは一人でやってもほんの数分の作業だった。
 
 最初に付属の専用アダプターを、埋込引掛ローゼットの上から回転して取り付け、続いて本体を取り付ける。アダプター側コネクターを接続、最後にカバーを被せればもう完成だ。
 
 物理的な取り付けが終われば、ひとまず専用リモコンで動作確認をしてみよう。無事動作確認が終われば、続いてスマホアプリのダウンロードとインストール、設定だ。
 
 筆者はすでに我が家の洗面所の電灯である「スマートLED電球」2個をACコンセント直差しのAmazon Echo Flexと一緒に活用している。今回は、その時にスマホにダウンロード/インストールした「+Styleアプリ」に、今回のスマートLEDシーリングライトを新規デバイスとして加えるだけの作業だった。一からの設定方法はそちらを参照されたい。
 
 付属リモコンでスマートLEDシーリングライトを取説に記載された状態にセットするだけで、アプリはスマートLEDシーリングライトを自動認識して新しいデバイスとして加えてくれる。
 
 認識と設定が上手く行けば、+Styleアプリのトップページには今回追加したスマートLEDシーリングライトが、新しく加わった画面デザインが表示される。以降は、スマホの画面で、スマートLEDシーリングライトのオン/オフ、照度の調整、タイマーセットなどが簡単に行えるようになる。
 
スマートLEDシーリングライトを声で操作しよう
 さて+StyleアプリでスマートLEDシーリングライトの操作が完璧になったら、続いてアマゾンのスマートスピーカーである、Amazon Echoによる声がけでの操作もやってみよう。
 
 Amazon Echoの発売と共にスタートした我が家のスマートスピーカー遍歴だが、その後、Google Homeも追加で導入。しかし今日現在では、Amazon Echo 6台に対してGoogle Homeはたったの1台。我が家はシェア85%を超える圧倒的なAmazon Echo社会だ。
 
 なので今回もAmazon Echoを前提とした。もちろん、Amazon Echoと鎬を削っているGoogle Homeの設定も当然同じように簡単だと思っている。今回のスマートLEDシーリングライトの設置先は、以前のこのコラムでご紹介した+Style社のスマートセンサー(漏水)と同じ筆者の寝室だ。
 
 Amazon Echoとの連携も+Styleアプリと同様、メニューからデバイスの追加を選択、照明、その他と選択して進むことで自動的にスマートLEDシーリングライトを見つけてくれる。デバイスが見つかれば後は既存の「T教授の寝室」グループにに追加する。
 
 スマートLEDシーリングライトを点灯するときの声がけは、家中のあちこちに配置されている最寄りのAmazon Echoに対して「Alexa! シーリングライトを点けて!」と呼びかける。ベッドに横になっていて、スマートLEDシーリングライトを消したくなったら「Alexa! シーリングライトを消して」と発話するだけだ。
 
移動する前に声をかければ寝室につく前に照明が点灯
 リビングルームにいてこれから寝室に移動する前に「Alexa! シーリングライトを点けて!」と声掛けをしておけば、寝室に着く前にすでにシーリングライトは点灯済みだ。もちろん、消灯を忘れて部屋を出てしまった場合も、家中に配置した6台のAmazon Echoのいずれかが声掛けを拾ってくれるので、どこにいても対処が可能な便利さだ。
 
 指ロボットから見れば大きく進化した我が家のスマートLEDシーリングライトではあるが、唯一厄介なのは、スマートLEDシーリングライトは生まれつきの「ネイティブIoT家電」ではなく、あくまで後付けの「なんちゃってIoT家電」なので、壁面には従来の電源オン/オフスイッチが依然として存在していることだ。
 
 うっかりこれを昔の癖で切ってしまったりすると、完全にスマートLEDシーリングライトの電源が落ちてしまい、Wi-Fi通信も落ちてしまうことだ。壁面電源を入れて冷静に対処を行えば問題ないが、パニックってしまうとけっこう迷路に入ってしまうこともありそうだ。
 
 我が家では、天井灯をスマートLEDシーリングライトに変えてからは、この手の失敗が筆者を含め家族にも多発したので、物理的にプラ製の梱包材量の一部を流用して、壁面の電灯スイッチをうっかり指が触れないようにプロテクトしたりしていた。今日で使い始めて約2週間、最近は、家族中が音声発話による点灯、消灯に慣れてきたので、指ロボットすら付いてなかったスッキリした本来の壁面電灯スイッチに戻ったしだいだ。
 
 また昨年末のバージョンアップで、スマートLEDシーリングライトを消灯するだけでなく、常夜灯だけを点灯させることもできるようになった。+Styleアプリだけではなく、Amazon Alexaアプリでも可能なようだ。どんどん便利に成長、拡大する+StyleのIoT家電商品から目を離せない。
 
 
今回の衝動買い
アイテム:「Smart LED Dimmable Celing Light」
・購入:Amazon.co.jp
・価格:9980円
 
T教授
 日本IBM社でThinkPadのブランド戦略や製品企画を担当。国立大芸術文化学部教授に転職するも1年で迷走。現在はパートタイマーで、熱中小学校 用務員。「他力創発」をエンジンとする「Thinking Power Project」の商品企画員であり、衝動買いの達人。
 
文● T教授、撮影●T教授、編集●ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク