スポンサードリンク

T&Eソフトの名作シューティング「アンデッドライン」の復刻版がついに発売、MSX2向けゲーム(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

T&Eソフトの名作シューティング「アンデッドライン」の復刻版がついに発売、MSX2向けゲーム
[元記事]
 T&Eソフトから1989年に発売されたMSX2用縦スクロールシューティングゲーム「アンデッドライン」の復刻版が、28日(金)に発売された。【この記事に関する別の画像を見る】 店頭価格は税抜き14,800円(税込16,280円)で、販売ショップはBEEP 秋葉原店。
■当時のマシンでプレイできることを目的としたMSX2用ゲーム
 アンデッドラインは、3人のプレイヤーキャラクターの中から1人を選び、6つのステージを各キャラクターで攻略していくという縦スクロール型シューティングゲーム。
 今回販売されたのはその復刻版で、BEEPが新設したゲームブランド「BEEP EXTRA GAMES」の第1弾タイトル。同ブランドは「入手困難な名作ゲームを現代に蘇らせ、当時のマシンで実際にプレイできる」ことをコンセプトに掲げており、今回の復刻版はMSX2向けのゲームとなっている。
 メディアは3.5インチ/2DDのフロッピーディスク×1枚で提供され、対応機種はMSX2、MSX2+、MSX turboR(RAM64KB以上/VRAM128KB以上)が挙げられている。なお、特典として開発者である内藤時浩氏のインタビュー本が付属している。
 ちなみに、同作はレトロゲーム配信サイト「プロジェクトEGG」でWindows向けのタイトルとしても配信されている。
[取材協力:BEEP 秋葉原店]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク