スポンサードリンク

King & Princeがパンダの着ぐるみ姿でゴロゴロ、anan特別号に登場(映画ナタリー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

King & Princeがパンダの着ぐるみ姿でゴロゴロ、anan特別号に登場
[元記事]
King & Princeが表紙を飾るanan2191号が、3月4日に発売される。
2020年3月に創刊50周年を迎えるanan。記念特別号となるこの号で、King & Princeは同誌のキャラクター“アンアンパンダ”の着ぐるみに身を包み、全12ページにわたるスペシャルグラビア企画に登場した。
この着ぐるみは1人ひとりのサイズに合わせた特注品で、半年かけて制作されたもの。メンバーは頭部をかぶったり本物のパンダのようにゴロゴロと寝転がったりして着ぐるみ姿を楽しんでおり、撮影が終わると岸優太は「持って帰りたい!」と名残惜しそうに語っていた。
そのほか、クールなスーツ姿のKing & Princeの写真が表紙にあしらわれた「50周年記念号スペシャルエディション」も同日に発売される。彼らから届いたコメントは下記に掲載する。
なお平野紫耀が中島健人(Sexy Zone)とダブル主演を務めるテレビドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」は、4月に日本テレビ系でスタート。永瀬廉の主演映画「弱虫ペダル」は8月14日に公開される。
■ King & Prince コメント
□ 平野紫耀
ananに出させていただくと、毎回反響が大きく、たくさんのに見ていただけてとても嬉しいです。さらに50周年号に表紙をやらせて頂けるなんて、本当に皆様に感謝です。
□ 永瀬廉
50周年おめでとうございます。節目の表紙にKing & Princeを選んでいただいてありがとうございます。100周年も!の気持ちでがんばります。
□ 高橋海人
50周年の大事なタイミングで出させていただいて、いま、アイドルとして活動していてよかったです。
□ 岸優太
いつもかっこよく撮ってくださる。撮影された僕らを、世界中の人に見てもらいたいです。
□ 神宮寺勇太
アンアンの撮影は、毎回身が引き締まります。小さい子たちが憧れるような、今の自分を残していけたらうれしいです。
※高橋海人の高は、はしごだかが正式表記

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク