スポンサードリンク

あゆ自伝的小説がドラマ化…安西かれん&三浦翔平がW主演(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

あゆ自伝的小説がドラマ化…安西かれん&三浦翔平がW主演
[元記事]
 歌手の浜崎あゆみ(41)の自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(著・小松成美、幻冬舎刊)の連続ドラマ化(テレビ朝日系、4月スタート=土曜・後11時15分)が28日、発表された。浜崎がエイベックス・松浦勝人会長と交際していた過去を告白したことで話題となった作品。ダブル主演で「アユ」(浜崎)を新人歌手・安斉かれん(20)、「マサ」(松浦氏)を三浦翔平(31)が演じる。
 安斉は、令和初日の昨年5月1日に浜崎と同じエイベックスから歌手デビュー。次世代の活躍が期待される存在で「ポスギャル(ポストミレニアルギャル)」として注目を集める。演技の経験はないが、プロデューサーは「平成の歌姫誕生物語ですが、撮影は安斉かれんの成長物語、リアル歌姫誕生の物語。いわばドキュメンタリーだとも思っています。どんな化学反応が起きるのか」と期待を込めた。安斉は「自分なりに、この作品がどうやったらより良くなるかをたくさん考えて臨みたい」と意気込んだ。
 今作が地上波連ドラ初主演となる三浦も「良くも悪くも、ものすごく注目される作品だと思いますので、エグいプレッシャーを感じています。浜崎あゆみさん、松浦さん、お二人に携わる全ての方たち、そして何よりあゆのファンの方々に納得してもらえるよう、マサ役を全力で全うしたいと思います」と語った。脚本は鈴木おさむ氏が手掛ける。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク