スポンサードリンク

新型コロナ「キャッシュレス還元」延長に期待(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

新型コロナ「キャッシュレス還元」延長に期待
[元記事]
新型コロナウイルスによる景気後退懸念でキャッシュレスに注目。消費刺激策とするなら全国で20%の還元を進めてはどうか。【もっと写真を見る】

 最近のスマホ決済では、「au PAY」の最大20%還元キャンペーンが話題です。1日あたりのポイント還元額が引き下げられ、軽く炎上するほど盛り上がっていましたが、中盤からは新型コロナウイルスの影響か、すっかり落ち着いています。
 
 消費が大きく落ち込み、景気後退の懸念が指摘される中、キャッシュレスやスマホ決済が果たす役割を考えてみます。
 
■大規模還元が始まるも、条件変更やシステム障害に不満の声も
 au PAYの最大20%還元は、3つのステージを通して最大7万ポイントという大型のキャンペーンです。春の新生活を前に、家電など大きな買い物をする準備をしていた人も多いのではないでしょうか。
 
 しかしキャンペーンの3週目には、1日あたりの還元額が最大6000ポイントに引き下げられ、不満の声が続出しました。本来であれば1日あたり6000ポイントでも破格のオファーとはいえ、最初に3万ポイントと言ってしまった以上、損をした気分になることは明らかです。
 
 ライバルのPayPayがほぼゼロの状態から20%還元を始めたのに対し、au WALLETの会員数は2000万を超えています。毎週10億円を2000万人に配れば、単純計算で1人50円にしかなりません。「攻略法」を身につけたユーザーが増えたことも相まって、大型還元はそろそろ難しくなってきた感があります。
 
 さらに3月18日にはシステム障害が発生し、決済やチャージができない事態に陥りました。レジに行列ができているときにスマホ決済に失敗すると、ばつの悪い思いをするものです。キャンペーン終了後も安心して使えるよう、信頼性の向上を求めたいところです。
 
■新型コロナウイルスで状況が激変、オンラインに注目
 滑り出しは良かったau PAYですが、2月後半からは新型コロナウイルスの影響で状況が一変します。当初は週の始まりと同時に10億円を使い果たしていたキャンペーンも、3日目まで持続することが常態化しています。
 
 対照的に自宅で過ごす時間は長くなり、オンラインで買い物する機会が増えています。au PAYで面白いのは、獲得したポイントをau Wowma!限定のポイントに50%増量で交換できる点です。オフラインで得たポイントを、オンラインでも活用できます。
 
 これまでスマホ決済各社は実店舗への展開で競争してきましたが、ここへ来てオンラインでの連携が重要になってきたといえます。筆者の場合、自宅での仕事が増えたことで、不要品をメルカリやヤフオクに出品する時間が生まれました。その売上金はメルペイやPayPayの残高として使えます。
 
 メルペイはドラッグストアの実店舗で50%を還元する「メルペイフィーバー」、PayPayはPayPayモールやヤフオクでの20%還元を展開するなど、いずれもオンラインとオフラインをうまく連携させています。
 
 新型コロナウイルスの影響により、世界経済の混乱や景気後退の懸念が高まる中で、政府による経済対策が期待されています。最優先されるべきは経済的に困窮した個人や企業への直接的な支援ですが、それに続く景気刺激策として、キャッシュレス還元を延長する案が報じられています。
 
 2019年の消費税引き上げに合わせて始まった「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、「5%還元」の赤いポスターを目印に全国的に広まっており、「キャッシュレスはオトク」という認識を確立しつつあります。
 
 現在の制度は2020年6月に終わる予定ですが、新型ウイルスの流行が長引けば経済の低迷は長期化する恐れがあります。その中で確実に消費を刺激する効果を見込めるキャッシュレス還元は5%と言わず、日本全国での「20%還元」を期待したいところです。
 
文● 山口健太 編集● ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク