スポンサードリンク

日本初の木造ハイブリッド高層マンション「プラウド神田駿河台」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

日本初の木造ハイブリッド高層マンション「プラウド神田駿河台」
[元記事]
野村不動産と竹中工務店は、柱・壁などの構造部に木質系構造部材を使った木造ハイブリッド高層分譲マンション「プラウド神田駿河台」を発表した。地上14階、総戸数は36戸で、2021年3月下旬竣工予定。住宅棟において10階を超える木造ハイブリッドの新築分譲マンションとしては日本初。【この記事に関する別の画像を見る】柱などの構造部に国産木材を使用した木質系構造部材を使用。内装部にも国産木材を使用し、森林資源の循環による地球環境維持、居住者の健康増進に寄与する居住空間提供を目指すという。
中間層(2から11階)には、単板積層材(LVL)と鉄筋コンクリート造耐震壁を組み合わせた「LVLハイブリッド耐震壁」を、高層階(12から14階)には、直行集成板(CLT)を使った「CLT耐震壁」および耐火集成材「燃エンウッド」を使用。いずれも表面を耐火被膜剤など覆わずに、木肌を現して使用し、木構造を住宅のインテリアとして視覚化している。
共用部エントランスの壁や床、住宅戸内の天井の一部に無垢の杉材を使用することで、木のぬくもりとともに、この建物に暮らすこと自体が環境への貢献になるという高揚感を感じさせるデザインにしたという。
竹中工務店が開発した「CLT耐震壁」および新築初適用の「LVLハイブリッド耐震壁」は、パネルが軽量で、独自の接合構造によって木質パネルの加工が少なく、接合のための金物を使わずに施工できる。これにより生産性の向上によるローコスト化が期待でき、将来的に住宅リフォーム等に伴う木質パネルの交換、再配置も可能としている。
構造部材に使用される木材は全て国産で、鹿児島県産スギ、山梨県産アカマツなどを使用。本プロジェクトによって供給量の多い分譲マンションへの国産材利用を促進し、森林資源循環と、持続可能な社会作りに貢献するという。
住所は、東京都千代田区神田駿河台1丁目7番1(地番)。JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅徒歩5分。
敷地面積580.71m2、延床面積2,529.45m2、建築面積211.36m2。専有面積48.51m2~79.66m2。鉄筋コンクリート・木造ハイブリッド構造。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク