スポンサードリンク

新しい「Microsoft Edge」の自動配信は4月17日以降に延期 ~確定申告の期限延長をうけ(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

新しい「Microsoft Edge」の自動配信は4月17日以降に延期 ~確定申告の期限延長をうけ
[元記事]
 日本マイクロソフト(株)は3月2日、新しい「Microsoft Edge」の配信を4月17日以降に延期すると発表した。国税庁より確定申告の期限延長(4月16日まで)が発表されたことをうけての対応となる。【この記事に関する別の画像を見る】 「Chromium」ベースで再構築された新しい「Microsoft Edge」は米国時間1月15日からダウンロード提供が開始されており、手動でのインストールがすでに可能。手動インストールを行っていない環境に対しても、“Windows Update”を通じた自動配信により、「EdgeHTML」ベースの現行版「Edge」はいずれ新しい「Edge」へと置き換えられる。
 しかし、新しい「Edge」に更新してしまうと、国税の電子申告・納税システム“e-Tax”に関わる一部システムを利用する際、“環境チェック結果”画面で“推奨環境外です”と表示されるなど、いくつか問題が確認されている。国税庁によると、影響を受けるシステムは以下の通り。
・環境チェック機能
・マイナンバーカード等の電子証明書による電子署名に係る機能
・画面表示
・CSVファイル又はXMLファイル読み込み機能
・イメージデータ(PDF)の添付
 そのため、日本ユーザーへの自動配信は4月1日以降へと延期されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して確定申告の期限が延長されたため、新しい「Microsoft Edge」の自動配信も再延期された格好だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク