スポンサードリンク

井上真央、柳楽優弥と共演!ドラマ「二月の勝者」で新米塾講師役(シネマトゥデイ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

井上真央、柳楽優弥と共演!ドラマ「二月の勝者」で新米塾講師役
[元記事]
 女優の井上真央が、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の人気漫画を柳楽優弥主演で実写化する、日本テレビ系7月期土曜ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(毎週土曜夜10時~)に出演することが明らかになった。【画像】柳楽優弥が6年ぶり地上波連ドラ主演! 原作は、単行本売り上げが累計50万部を突破する高瀬志帆の人気コミック。トップ塾から中堅塾の「桜花ゼミナール」の校長に着任した、実利主義の塾講師・黒木蔵人(柳楽)を通じて、中学受験の実態をリアルに描き、そこから見えてくる「家族問題」「教育問題」など、現代社会の様々な問題に切り込む。

 井上が演じるのは、桜花ゼミナールの吉祥寺校に新人講師としてやってくるヒロイン・佐倉麻衣。中学校の教員経験があり、冷徹な黒木とは正反対の情熱派。「中学受験は課金ゲーム」「親はスポンサー」「子供を合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」など、過激な発言が飛び出す黒木の指示に何かと反発しながらも、塾での経験を通し成長していくことになる。

 日本テレビ系連続ドラマへの出演は8年ぶりとなり、井上は「プロデューサーの熱意に後押しされ、飛び込んでみようと思いました」とコメント。共演する柳楽について「このドラマに挑んでみようと思えたのは、柳楽優弥さんの存在も大きかったように思います。どの作品でも存在感があり、真っ直ぐなお芝居をされる方という印象です」と語る。

 また、子供時代から芸能界で活躍してきた井上は、受験の思い出を「私の場合はお仕事をしながらでもあったので大変な面もありましたが、家族や友人、先生が一緒になって励ましてくれたり、煮詰まったときには息抜きさせてくれたり、周りの方にたくさん応援してもらえたことを今でも覚えています」と述懐。「原作のような現代のリアリティーを大切にしながらも、ドラマだからこそ描ける部分も大事にしていきたいです。塾講師としては新米の役ですので、生徒や家族との触れ合い、また目の当たりにする現実などを通して、成長していく過程を丁寧に演じられたらと思っています」と意気込む。

 脚本の成瀬活雄は、元塾講師の経歴を持ち、2018年に井上が出演したドラマ「乱反射」を担当。井上も「成瀬さんご自身の経験を活かした世界観が今から楽しみです」と期待をかける。演出はドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」「偽装不倫」などの鈴木勇馬ら。音楽は元ピチカート・ファイヴの小西康陽。(編集部・入倉功一)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク