スポンサードリンク

元SKE48柴田阿弥アナ、4月スタート文化放送3時間生番組パーソナリティー「実りある番組にしたい」(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

元SKE48柴田阿弥アナ、4月スタート文化放送3時間生番組パーソナリティー「実りある番組にしたい」
[元記事]
 元SKE48のメンバーでフリーアナウンサーの柴田阿弥(26)が、文化放送4月5日スタートの日曜ワイド番組「Society5.0 香格里拉(ソサエティ5.0 シャングリラ)」(日曜・前10時)のパーソナリティーを務めることになった。
 午前10時から午後1時までの3時間生ワイド。番組のテーマ「Society5.0」とは、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続くもので、仮想空間と現実空間を融合させ人がより幸せに暮らせる社会、すなわち“超スマート社会”を指す。
 このSociety5.0の実現は、普通に暮らす人々の理解と知恵、生活者目線があって初めて成立するもの。そこで「香格里拉」は、Society5.0を人々と草の根目線で考えていく中で、“未来を楽しむラジオ”を目指し、Society5.0関連ニュースを紹介したり、それに絡めた“妄想トーク”をコメンテーターやリスナーと共に繰り広げていく。タイトルの「シャングリラ」は「理想郷」=ユートピアに由来する。
 柴田は自身の思い描く未来について「いろんな人がいて当たり前で、個人に価値観を押し付けない社会が理想です。多様な選択肢がある社会がいちばんいいのかなと。それをサポートする仕組みとして『Society 5.0』のような社会が実現できるといいです」とコメント。
 日曜の3時間生番組は「リスナーのみなさんがのんびりしている時間に流れる番組なので、あまり慌ただしくない感じでお届けできればいいなと。みなさんに、こういう考え方もあるんだなとか、こういう未来が待ってるのかなと思ってもらえるような実りある番組にしていきたいです」と意気込みを語った。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク