スポンサードリンク

北川景子、「HOWEVER」涙の熱演でGLAYに恩返し CMで初の本格歌唱(オリコン)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

北川景子、「HOWEVER」涙の熱演でGLAYに恩返し CMで初の本格歌唱
[元記事]
 ロックバンド・GLAYのデビュー25周年記念ベストアルバム『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』(11日発売)のCMが3日、解禁となり、バンドとゆかりのある女優・北川景子が起用されたことが明らかになった。CMは2バージョン制作され、北川はそれぞれ対照的なシチュエーションでGLAYの名曲「HOWEVER」「SOUL LOVE」の2曲を歌う。北川がCMで本格歌唱するのは初となる。【動画】「HOWEVER」を口ずさみながら涙 北川景子がCMで歌唱 今回、GLAYが最大のヒット作『REVIEW~BEST OF GLAY~』(2001年4月発売)の名前を引き継ぐ特別なベストアルバムをリリースするにあたり、ゆかりの深い北川にCM出演をオファーした。北川は2016年4月、夫・DAIGOとの結婚披露宴でGLAYから「HOWEVER」の替え歌で祝福されたこともあって快諾。2種類のCMを「それぞれ全く異なる2本のCMにしたい」と考えたといい、芝居や衣装も変えて撮影に臨み、昔から聴きなじんでいるというGLAYの名曲に乗せ、歌声を披露する。
 昨年11月、主演映画の役作りでロングヘアをバッサリ30センチ切ってショートヘアを披露した北川は、駐車場に停めた車の中から窓の外を眺め、バラード「HOWEVER」を口ずさむ。当時の思い出がよみがえり、感情が涙となって静かにこぼれ落ちる。北川は「この涙の演技にあたり、うまくできるか不安でしたが、実際に曲を聴きながらのお芝居でしたので、涙を流すことができました」と撮影を振り返った。
 もう1曲は対照的に、晴れの日の朝、出かける準備をしながら思わず「SOUL LOVE」を口ずさむさわやかな作品に。「ふいに心を奪った瞬間の あのトキメキよりも眩しい程に」という歌詞から伝わる、恋をした時の心の躍動が描かれている。
 北川は「GLAYの皆さん、デビュー25周年おめでとうございます。今回はこのような貴重な機会を頂き、本当にありがとうございます」と祝福。「CMでここまで歌ったのは初めてのことであり、さらに撮影にTERUさんがいらしていたこともあり緊張しましたが、撮影で実際に歌うと、懐かしい気持ち、楽しい気持ちが湧いてきました」と胸中を明かし、披露宴の恩返しをした。
 このCMはYouTubeのGLAY公式チャンネルでも公開中。
■北川景子のコメント
 GLAYの皆さん、デビュー25周年おめでとうございます。今回はこのような貴重な機会を頂き、本当にありがとうございます。
お話を頂いた時、撮影で何ができるだろう、どうしたら伝わるだろうと、自分でもアイディアを出し、良いものを作ろうと思い撮影に臨みました。
 撮影では『HOWEVER』『SOUL LOVE』とそれぞれ全く異なる2本のCMにしたいと思い、お芝居や衣装など変え、曲を深く追求したので、そんなCMが出来たのではないかと思います。
 CMでここまで歌ったのは初めてのことであり、さらに撮影にTERUさんがいらしていたこともあり緊張しましたが、撮影で実際に歌うと、懐かしい気持ち、楽しい気持ちが湧いてき“思わず口ずさみたくなるメロディ”というのは本当だなと思いました。
 このCMを見て初めてGLAYのCDを買う方もいると思いますが、ファンの方に喜んで頂くことはもちろん、そうでない方々にも魅力を届け、喜ばれるCMであればうれしいです。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク