スポンサードリンク

アレクサンダー・アーノルドは史上最高の右サイドバックだ(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アレクサンダー・アーノルドは史上最高の右サイドバックだ
[元記事]
中止、中断など、世のなか暗いニュースばかりだ。ワイドショーは不安を煽るばかりで、新型コロナウイルスから立ち直ろうとしている方々、医療機関の奮闘に関してはほとんど報じない。
そんな折だから、せめて自分が連載するコラムだけは、事態が落ち着くまで明るく攻めなくちゃ。というわけで、不定期ながら「マイベストシリーズ」を始めよう。

栄えある第一回は「俺のイングランド代表」。対象は1970年代以降にピークを迎えた選手。ちなみにベストイレブンの選出にジェネレーションギャップは付きものだ。感性は各世代で大きく異なる。

★GK
レイ・クレメンス
★DF
トレント=アレクサンダー・アーノルド、リオ・ファーディナンド、ジョン・テリー、アシュリー・コール
★MF
デイビッド・ベッカム、レドリー・キング、スティーヴン・ジェラード、ポール・スコールズ
★FW
ウェイン・ルーニー、ハリー・ケイン

「右サイドバックは考え直せ」「フランク・ランパードを外すとはけしからん」。異論・反論が聞こえてくる。若い世代の皆さんは「クレメンスってだれ?」だろう。しかし、くどいようだがマイベスト。あくまでも筆者が最も優れていると考える選手を選んでみた。クレメンスの安定感はピカイチで、シュートストップの技術でもジョー・ハート、ジョナサン・ピックフォードなど、近年のGKをはるかに上まわっていた。

また、アレクサンダー・アーノルドはイングランド史上最高の右サイドバックだ。豊富な運動量でアップダウンを繰り返し、アシストのレヴェルも秀逸だ。すでに歴代の名手たちを凌駕している。

そして、なぜランパードを外したか──。

中盤はダイヤモンド型。右にベッカム、左がジェラード。2CBの前にキングが位置し、スコールズは2トップの背後だ。ベッカムは外せない。ケガさえしなければ、キングはアンカーとして、あるいはCBとしてワールドクラスと呼ばれていたに違いない。スコールズのセンスはバルセロナの全盛期を支えたチャビ・エルナンデス、アンドレ・イニエスタが憧れたほどだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク