スポンサードリンク

リコー、納品書を文字データ化するクラウド型AI OCRソリューション(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

リコー、納品書を文字データ化するクラウド型AI OCRソリューション
[元記事]
 株式会社リコーは、紙の納品書を文字データ化するクラウド型OCRソリューション「RICOH Cloud OCR for 納品書」を、3月9日に発売する。
 リコーでは、OCR結果の確認・修正をBPO(アウトソーシング)で行う「RICOH Cloud OCR for 納品書+BPOサービス」を2019年12月から提供してきたが、より手軽に導入したいというニーズを受け、リーズナブルな料金体系のサービスとして「RICOH Cloud OCR for 納品書」を新たにラインアップした。
 このサービスでは、紙の納品書をリコーの複合機あるいはPFUのイメージスキャナ「FUJITSU Image Scanner fi-7160 RICOH Edition」でスキャンする、もしくは納品書のPDFデータをクラウドにアップロードすると、リコー独自の帳票解析技術と画像処理技術を搭載したAIが、事前の帳票定義を行わなくとも、納品書に記載された納品日、仕入元企業名、商品コード、商品名、数量、金額などの情報を自動認識し、一括でデータ化してくれる。
 特長は、AIを活用しており、納品書情報をデジタルデータ化するだけでなく、修正データを学習して進化する点。人手を介さないため、在庫管理など、よりリアルタイム性が求められる業務に適しているとのことで、中小企業における納品書の処理業務を改善し、人手不足の解消やコストの削減に貢献するとしている。
 なお、データ化された情報はCSVファイルとして出力でき、仕入管理システムや販売管理システムとの連携を行えるとのことだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク