スポンサードリンク

上野優華が、めちゃくちゃ進化している最新Bluetoothスピーカーを体験(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

上野優華が、めちゃくちゃ進化している最新Bluetoothスピーカーを体験
[元記事]
歌手・女優の上野優華さんに、Bluetoothスピーカー3種類を試してもらいました。【もっと写真を見る】

 歌手・女優の上野優華さんと、ウワサで聞きつけた面白いものを試してみる新連載企画が、上野優華 ウワサの〇〇試しますとしてスタートします。第1回は、Bluetoothスピーカーがすごく進歩していると聞きつけ、注目の3製品を聴き比べてみました。
 
 また、上野さんのニューミニアルバム「今夜あたしが泣いても」は3月18日に発売されたばかり。1年2ヵ月ぶりのアルバムには泣ける7曲が収録されています。
 
 表現力に磨きがかかった上野優華さんの歌声を、Bluetoothスピーカーで聞き比べていきましょう!
 
 
音楽は涙活、切ないきもちに触れられる
――最近、Bluetoothスピーカーが面白いことになってるんですよ。個性的をテーマに3機種を用意してみました。
 
上野優華 「どれもおしゃれです!」
 
――いつもはどんな曲を聞いているんですか?
 
上野優華 「両親の影響もあって、昭和・平成時代の曲をよく聞きます。安全地帯、久保田利伸さんなどが多いですね。海外ならエイミー・ワインハウス、リッキー・リー・ジョーンズとか、ロックやブルースが最近の気分。私は切ないきもちが大好きなんですよ。音楽は涙活のために聞くこともあり、曲の世界観を表現するスピーカーをずっと使いたいなと思っています」
 
ライブ会場のような臨場感が楽しめる、ソニー「SRS-XB22」
――新曲『あなたの彼女じゃないんだね』を聴きながら、音質の違いを体験してもらいます。映画のようなドラマチックな物語が表現されています。
 
上野優華 「ソニーのスピーカーから試してみます! デザインも印象的クリアな音ですね。それに、あらっ!? いやだ~。これステキ! 曲に合わせてスピーカーのライトが光ってかわいいですね」
 
――楽曲を光でも表現するんです。この「LIVE」ボタンを押してみてください。
 
上野優華 「うわ~、すごい。全然変わりますね。なんだろう、音がライブ会場のようにじんわりとにじんでいく感じ。空気の中に音が伝わってきて、耳に届いていくライブハウスで聞いている臨場感がありますね。
 
 ふだんはイヤフォンで聞くことが多いから、この広がり方には感動します。ライブ好きな人は特に満足するんじゃないかな。ライブやフェスの予習にもピッタリですよね」
 
――ライブ会場にいるような臨場感を出すために音を拡散する「ライブモード」を搭載しています。サラウンド機能は昔からありますが、かなり自然で広がり感もすごいですよね。
 
上野優華 「新曲『あなたの彼女じゃないんだね』の曲の印象がかわりました。スピーカーから音が直接届いているような、クリアな音の表現もいいのですが、『ライブサウンド』モードならではの、低音がずんと鳴り、低いところから音が広がり、空間に溶け込んでいく感じがいいです」
 
――デザインはいかがでしょう?
 
上野優華 「これだけオシャレだと、インテリアのアクセントにもなりますね。部屋の明かりを消して、このスピーカーだけつけ、切ない曲を聞くとよさそう。ライトの表現の相乗効果でいい涙活ができそうです」
 
360°に広がる迫力サウンド、ボーズ「Portable Home Speaker」
上野優華 「この持ち運びに便利そうなスピーカーも気になります。ではつないでみましょう。おお! 音がすごく広がって聞こえる!」
 
――3機種では少し高価格帯の製品です。Wi-Fiスピーカー、Bluetoothスピーカー、スマートスピーカーが1つになっています。Bluetoothスピーカーとしても音がいいのに、Amazon Alexaで呼び出せてしまう。
 
上野優華 「私は機械が苦手なので、使いこなせるかな。音はクリアで聞きやすい! 音が360°に広がるから、家族で使うのにもよさそう。
 
 親しい人たちと、何かを共有したくなります。音楽だけでなく、動画、映画、ゲームなどもよさそう。聞きやすいステレオ。低音がクリアなのもいいですね」
 
――アーティストさんは、音のバランスや広がりに厳しいですよね。
 
上野優華 「音はたくさん聞かないとわかりませんよね。音楽が好きと音が好きは違うセンサーを使っていると思います。
 
 このスピーカーは、『音が好き』な人も満足しそう。家の場所を移動しても、同じように聞こえますしね。ライブでも、スピーカーの音の差を調整するために何度もリハをします」
 
――部屋の隅に設置すれると、サウンドに包み込まれるような体験ができるんですよ。さらに、バッテリー内蔵で外にも持ち運びができます。
 
上野優華 「あら、いやだ~! いいですね。徳島の実家にいたころは、家族でバーベキューをしていたので、そういうシーンにピッタリですね。ウチの家族は音楽好きなので、みんなで楽しみたいですね」
 
――あら、いやだ~って(笑)。
 
上野優華 「『あら、いやだ~!』っていうの、口グセでよく言っちゃうんですよね(笑)」
 
震える重低音とポップなデザイン、JBL「Charge 4」
――最後にグリーンが印象的なJBLを。3製品では、最もお財布に優しい1台ですが、音質は全然チープではありません。見た目の面白さに加えて、スマホの充電もできるのが特徴です。
 
上野優華 「大学生が新生活を始めるときに、手に届く範囲の価格帯で、このおしゃれ感! 私、この色もいいな~って思ったんです。インテリアの差し色になりそう。私、現物を見てから商品を買う派ですが、これはコンパクトだし、インテリアになじむし、いいですねおお~。
 
 空気が震えている感じの低音の響き方がいい。横方向にがめちゃくちゃ揺れていますね。これはロック聞きたくなる。このスピーカーだと、私の曲ではなく、リッキー・リー・ジョーズのブルースをかけてみましょう」
 
――確かに、これは合っています!
 
上野優華 「ですよね~。ベースとドラムのキック感が再現されています。本体の両サイド部分が震えているのもカッコいい」
 
――パッシブラジエーターと言って、よく見ると低域の再生に合わせて動いているんですよ。迫力のある重低音の表現力の秘密は、ここにあります。
 
上野優華 「なるほど、いいですね。夜に音楽を聴くなら、このスピーカーがイチオシ。お酒に合うし、大人の切ない気持ちに寄り添ってくれる。目的や自分の好きな曲に合わせて、スピーカーを選ぶという視点に気が付きました」
 
――ポップスならこれ、クラシックならこれ、ロックならこれと使い分けるのも楽しそうですね。
 
上野優華 「聞きなれた曲の新鮮な表情が見つかりそう。マルチに使えるスピーカーもいいですが、このスピーカーで曲を聞き、特化するという視点も必要かなと思いました。
 
 ウチに置くなら、見た目はこの子がいいな。ピンクとか、赤ではなく、このミントグリーンが好き。最近、グリーンのものが気になります」
 
――カラーバリエーションも豊富なんですよ。
 
上野優華 「あらやだ! ホントだわ。黒、白、赤、ネイビー、そしてカモフラ柄もあるのね! おしゃれ~。Bluetoothスピーカーって、お店ではよく見るけど、じっくり聴き比べてみたのは初めてでした。
 
 ただ音が鳴るっていうんじゃなくて、メーカーによって、機能に特徴があるのが楽しい。特に、ソニーのライブサウンドは面白くて、欲しいと思ってしまいました! これからは、スピーカーで音楽を聴くことを、もっと楽しんでみたいですね」
 
――最後にニューアルバムについて、ひとことお願いします。
 
上野優華 「私の大好きな『切なさ』をギュッと濃縮した1枚に仕上がっています。橋口洋平(wacci)さん、コレサワさんなど、多くのアーティストさんに詩や曲でご協力をいただきました。
 
 奥華子さんが作詞・作曲を手掛けられた『迷子』は、YouTube再生回数200万回突破した、『好きな人』のサイドストーリーのバラード曲。それぞれに素敵でありながら、個性的な世界観を、今の私で表現しました。
 
 大人の切なさ、恋する気持ちを歌っています。ぜひ、最新のスピーカーでも、聞いていただけたらうれしいです」
 
上野優華(うえの・ゆうか)
 徳島県出身の歌手・女優。2012年、キングレコード×講談社主催のボーカルオーディションにおいて、1万人を超える応募者の中からグランプリを獲得し、翌2013年、映画の主演・主題歌でデビュー。2017年からはベトナムを中心としたアジア圏での活動も精力的に行っている。
 
 2018年にリリースした「好きな人」のMVがYouTubeで280万回再生を越え、1000件を超える若い世代からの書き込みが殺到。以後、心に沁みる歌声から「いま、泣ける声」と称されている、今一番注目されているシンガー。
 
ニューミニアルバム「今夜あたしが泣いても」発売中!
 泣ける失恋・片想いソングを散りばめたアルバム。奥華子さん、橋口洋平(wacci)さん、コレサワさんなど、超豪華な提供アーティスト陣にも注目!
 
●New Mini Album「今夜あたしが泣いても」
 
価格:3200円+税、内容:CD+DVD、品番:KICS-93902
価格:2200円+税、内容:CD、品番:KICS-3902
 
 
<DVD収録内容>
・「迷子」Music Video
・「あなたの彼女じゃないんだね」Music Video
・アーティスト写真撮影メイキング映像
 
<CD収録内容>※初回限定盤・通常盤共通
1.こっちをむいて
(作詞:コレサワ / 作曲:コレサワ / 編曲:関口シンゴ)
2.迷子
(作詞:奥華子 / 作曲:奥華子 / 編曲:時乗浩一郎)
3.あなたの彼女じゃないんだね
(作詞:橋口洋平(wacci) / 作曲:橋口洋平(wacci) / 編曲:時乗浩一郎)
4.冬色シルエット
(作詞:岩里祐穂 / 作曲:aokado / 編曲:aokado)
5.メロンパンのうた
(作詞:わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)・上野優華 / 作曲:わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)/ 編曲:鈴木健太(D.W.ニコルズ))
6.私の歌
(作詞:中尾孝年&ファンの皆さん / 作曲:木村美保 / 編曲:成瀬篤志(カミナリグモ))
7.おぼろ月の夜に
(作詞:古内東子 / 作曲:松本俊明 / 編曲:時乗浩一郎)
 
アルバムリリースTOUR決定!
『上野優華 LIVE TOUR 2020 ~今夜あたしが泣いても~』
チケット一般発売日:4月18日(土)
 
5月24日(日)神戸 クラブ月世界
6月12日(金)名古屋 BL café
6月14日(日)横浜 Yokohama O-SITE
6月27日(土)千葉 ANGA
7月11日(土)徳島 シビックセンター さくらホール
7月19日(日)東京 KANDA SQUARE HALL【Debut 7th Anniv. SP!!】
 
<OPEN/START>
神戸・東京 16:30/17:00、名古屋 18:30/19:00
横浜・千葉・徳島 16:00/16:30
<TICKET>
東京公演以外 自由席¥4500(税込、ドリンク代別)
東京公演   指定席¥5500(税込、ドリンク代別)
<MEMBER>
Vocal 上野優華、Guitar 曽根巧、Keyboard 成瀬篤志(

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク