スポンサードリンク

Crucialの低価格SSD「BX500」に1TBと2TBが追加、税込11,980円から(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Crucialの低価格SSD「BX500」に1TBと2TBが追加、税込11,980円から
[元記事]
 Crucialブランド(Micron)の低価格2.5インチSSD「BX500」シリーズに大容量モデルが追加、1TBの「CT1000BX500SSD1」と2TBの「CT2000BX500SSD1」が店頭入荷した。【この記事に関する別の画像を見る】 店頭価格は順に税込11,980円、税込25,980円。
■Micron製の3D NANDを採用したエントリー向けの低価格SSD
 これらは、Crucialのエントリー向け2.5インチSSD「BX500」の大容量モデル。同シリーズの大容量モデルとして960GBの「CT960BX500SSD1JP」が既に店頭販売されており、今回登場したモデルはラインナップ中の最大容量となる。
 主な仕様は共通で、インターフェースが6Gbps SATA、SSDの厚さは7mm。フラッシュメモリはMicron製の3D NANDを採用しており、最大転送速度はシーケンシャルリードが540MB/s、同ライトが500MB/s。
[取材協力:テクノハウス東映]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク