スポンサードリンク

NTTデータ東北、しんきん共同システムのデータを信用金庫独自のDBへ取り込む「しんきんCeedシステム」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

NTTデータ東北、しんきん共同システムのデータを信用金庫独自のDBへ取り込む「しんきんCeedシステム」
[元記事]
 株式会社NTTデータ東北は4日、信用金庫向けソリューション群「Cconnector(シーコネクター)シリーズ」のラインアップに、「しんきんCeed(シード)システム(顧客基本情報集中サーバー)」(以下、しんきんCeedシステム)を追加したと発表した。
 「しんきんCeedシステム」は、しんきん共同システムを補完するシステム。しんきん共同センターのフォーマットで還元された顧客情報・口座情報などの元帳データ(日次・月次)を、信用金庫独自のデータベース(顧客基本情報集中サーバー)へ取り込むことができる。
 取り込まれた各種データは、信用金庫のニーズにあった形式へ編集・加工でき、経営層や営業店において、経営情報の把握や新規顧客・預金の獲得に向け活用していけるとのこと。
 なお、顧客基本情報集中サーバーのオプションパッケージとして、「年金台帳」「給振台帳」「業務AP開発基盤」「PDF帳票公開」などの機能を提供する。また、信用金庫独自アプリケーションの開発支援も対応可能とした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク