スポンサードリンク

パナソニック、顔認証による入退・勤怠管理導入。8,000人対象(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

パナソニック、顔認証による入退・勤怠管理導入。8,000人対象
[元記事]
パナソニック コネクティッドソリューションズは、登録人数約8,000人を対象とした顔認証での入退管理運用を東京本社で開始した。
2019年2月に提供開始した同社の「入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS(ケイパス)」を利用し、入退管理・勤怠連携を実施。オフィスワーカーの利便性・生産性、安全性をかなえ、管理運営側の負担軽減にもつなげる、次世代型のオフィス運営を可能にするという。
KPASは、ディープラーニングを応用した顔認証技術で、顔の向きや経年変化、メガネなどに影響されにくいのが特徴。
登録者は、オフィスフロアの各部屋への入退室時に、壁掛けチェッカーの前に近づいて顔認証すればドアの解錠を行なえ、迅速かつ厳格なオフィス入退管理が可能。勤怠管理システムと連携し、顔認証と勤怠管理との連携も実践。従来型のICカードを使った入退管理はカードの紛失やなりすましなど課題があったが、顔認証によりその課題を解決し、スピードや利便性を向上する。
また、顔認証の登録画像には、過去に撮影した社員証の写真を流用することが考えられるが、顔認証での利用を想定していないため、再撮影が必要な場合がある。一方で、全員の写真を撮り直さないと顔認証と勤怠管理との連携が始められないのは導入障壁となる。
今回の導入では、約8,000名の社員証の画像を活用し、勤怠連携のための認証精度を継続的に検証、改善。入出退の際の顔認証の結果パラメータをKPASが分析し、認識精度が低いユーザを抽出した上で、システム管理者と連携し、認証精度の継続的な改善を検証。KPASの機能強化を図っていく。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク