スポンサードリンク

EXILE AKIRA、長岡藩家老・山本帯刀役 新政府軍と対峙(オリコン)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

EXILE AKIRA、長岡藩家老・山本帯刀役 新政府軍と対峙
[元記事]
 司馬遼太郎さんの小説を原作に、俳優・役所広司が主演を務める映画『峠 最後のサムライ』に、EXILE AKIRAが出演することが発表された。また、同作の公開日が9月25日に決まり、予告編映像が初解禁になった。【動画】役所広司演じる河井継之助のせりふがちりばめられた予告編映像 物語は幕末が舞台。大政奉還で260年余に及んだ徳川幕府が終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が始まると、越後・長岡藩の河井継之助(役所)は、どちらにも属さず中立を目指す。だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。徳川への義を貫くことを決めた継之助は、最後の戦いに挑む。
 AKIRAが演じるのは、継之助の良き理解者でともに新政府軍と戦う、長岡藩家老の山本帯刀。AKIRAは「今の時代だからこそ、大切にしなければならないメッセージが強く映し出されている作品だと思います」とコメント。
 予告映像は、継之助が深々と頭を下げる緊迫の場面からスタート。和平を望んだ継之助だが「河井、帰って戦の用意をしろ」と新政府軍との戦いは避けられなくなる。さらに「武士の世の中は滅びる。かつてなかった、新しい世の中がやってくる」「サムライの道を忘れ、行うべきことを行わなかったら、後の世はどうなる?」と継之助の未来を思うせりふがちりばめられた映像になっている。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク