スポンサードリンク

「寂しい」「農協感ある」 96年間親しまれた原宿駅の新駅舎利用開始にさまざまな声(ねとらぼ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「寂しい」「農協感ある」 96年間親しまれた原宿駅の新駅舎利用開始にさまざまな声
[元記事]
 3月21日、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて建設されたJR山手線原宿駅の利用が開始となりました。【画像:原宿駅の新駅舎と旧駅舎】 原宿駅の旧駅舎は1924年に建築され、都内で最も古い木造駅舎として親しまれていましたが、21日未明に営業を終了。旧駅舎は耐火性能が不十分として、オリンピック・パラリンピック大会終了後に解体される予定です。
 旧駅舎の隣に建設された新駅舎は、壁がガラス張りの2階建てで、床面積は旧駅舎の約4倍。1階にはコンビニエンスストア、2階にはコーヒー専門店が入るなど、利用者の利便性を高めた施設となっています。

 SNS分析ツールで「原宿駅 新駅舎」を解析した結果、ネガティブな反応が59.1%、ポジティブな反応が40.9%となりました。ネットではネガティブな反応の方が、やや多いようです。
 新駅舎の利用が開始された3月21日に大きく話題となり、ピークとなる9時台には1時間で500件を超えるツイートが投稿されました。

 96年の歴史に幕を閉じることとなったJR原宿駅の旧駅舎。利用者からは「解体されるのは寂しい」と、旧駅舎の営業終了を惜しむ声が相次いでいます。
 一方で、「レトロでかわいい旧駅舎好きだったなー! でも広くなって凄い使いやすい駅になっていい感じ」「ノスタルジーの問題はあっても、利用客数から見たらこれが正解かも」「寂しいなぁ。でも、大好きな猿田彦(珈琲)ができるんだ」など、前向きな意見も見られました。

 Twitterでは、旧駅舎に感謝を述べる声も多く、「大好きだった、原宿駅。今まで、ありがとうございました」という文言とともに女子高生3人のイラストが描かれたツイートに多くの人が「いいね」を押していました。また、「18歳の時に、住む場所も決めず単身上京して初めて降りた駅で、いまだに通る度に初心に戻れる場所でした。思い出をありがとう」と、旧駅舎への思い出を語る人も見られました。
 中には、「第二次世界大戦でも奇跡的に焼失を逃れた」という、歴史を感じさせるツイートも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク