スポンサードリンク

小籔千豊「テセウスの船」でキャリア警察官役、心と文吾の前に立ちはだかる敵(お笑いナタリー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

小籔千豊「テセウスの船」でキャリア警察官役、心と文吾の前に立ちはだかる敵
[元記事]
連続ドラマ「日曜劇場『テセウスの船』」(TBS系)に3月15日(日)放送回(第9話)より、小籔千豊が出演する。
「テセウスの船」は主人公の田村心(竹内涼真)が平成元年にタイプスリップして、警察官の父・佐野文吾(鈴木亮平)が起こした殺人事件の真相を追うミステリー。小籔は宮城県警監察官室の馬淵役を演じる。馬淵は、組織を守るためならば手段を選ばない冷酷なキャリア警察官で、心と文吾の前に大きな敵となって立ちはだかる役どころだ。父子の運命を握る重要人物を小籔はどう演じるのか。
■ 小籔千豊 コメント
このドラマをすべて観てとても感動したので、途中から出演させていただくにあたってプレッシャーがすごかったです。それに、僕にはキャパオーバーなくらいたくさんセリフをいただいてしまって。必死でセリフを覚えなくてはならないので、撮影が終わるまではゲームを封印するつもりです(笑)。
竹内くんは(2017年に共演した)「陸王」(TBS系)のときもすでに人気でしたけど、今のほうがさらに売れているので、今回この現場で会う前は「竹内くんがすごく偉そうになっていたらどうしよう」って思っていたのですが、まったくそんな雰囲気もなく、本当に前と同じく自然な感じで接してくれたので安心しました。なんかやたら俳優面してしゃべってこられたら嫌だなと思っていたんですけど(笑)。前と何も変わらない好青年でよかったと思いました。
今回はセリフも多いので大変ですが、それ以上に本当に標準語をがんばっていますのでそのあたりも見ていただけたらと思います。僕が出させていただいている第9話もめちゃくちゃ面白いのでぜひ見ていただけたらうれしいです。
あと、今回このドラマに参加させていただけて本当にありがたいのですが、正直言うと参加せずにオンエアでこのお話を観たかったなという気持ちも半分あります(笑)。なので、そのぶん皆さんにはこの先のストーリーをぜひ楽しみにしていただければと思います。
■ 日曜劇場「テセウスの船」
TBS・MBS系 毎週日曜21:00~21:54

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク