スポンサードリンク

セイコー、プレサージュ「紅の豚」コラボウォッチ(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

セイコー、プレサージュ「紅の豚」コラボウォッチ
[元記事]
セイコーウオッチは「プレザージュ」から、スタジオジブリ作品「紅の豚」にインスピレーションを受けた限定モデル「SARR005」「SARK017」を6月19日より発売する。価格と限定数量は、SARR005が57万円で500本、SARK017が40万円で600本。【この記事に関する別の画像を見る】SARR005とSARK017は、プレザージュとスタジオジブリが大切にしている、日本の真摯なモノ作りという考え方に基づいたコラボモデルとしている。
ラインアップはスプリングドライブモデルの「SARR005」とメカニカルモデルの「SARK017」。紅の豚の舞台であるアドリア海の風景とポルコの飛行艇サボイアS-21の描写から着想を得ており、その細部をデザインに反映。
ダイヤルは飛行艇のコックピット表示パネルからインスピレーションを得ており、視認性の高い時分針やアラビア数字、緻密な目盛りを採用。また、ダイヤルに温かみ持たせるために、琺瑯職人の横澤満氏の監修のもと、白と黒の琺瑯ダイヤルを用いている。
サボイアS-21尾翼の「R」マークは、SARR005では6時位置に、SARK017では3時位置に、尾翼のカラーリングとともにアレンジ。SARR005では尾翼のカラーリングが白い文字盤、赤い秒針、緑のパワーリザーブ表示を通して表現。ケースサイドにはポルコの飛行艇名を刻印している。
シースルーの裏ぶたのガラス部分にはポルコが描かれ、ガラスまわりには、映画からの名セリフ「飛ばねえ豚はただの豚だ」がイタリア語で記されている。 ストラップはクロコダイルで、サボイアS-21の鮮やかな赤色と、尾翼と同じ赤、白、緑の色のステッチが映える黒色の2本が付属。
木製のボックスは、宮崎駿監督からのメッセージ「時間にしばられずに生きましょう」が表記された特別仕様。時計、ストラップに加えポルコが刻印されたセーム革の時計用クロスが付属する。
ケースサイズはSARR005が40×13.1mm(外径×厚さ/りゅうず含まず)、SARK017が42×14.9mm。10気圧防水対応。
SARR005のムーブメントは、キャリバー5R65。自動巻。パワーリザーブは約72時間。SARK017のムーブメントは、キャリバー8R48。自動巻。パワーリザーブは約45時間。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク