スポンサードリンク

iPad Air(第3世代)、画面に何も表示されなくなる問題で無償修理(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

iPad Air(第3世代)、画面に何も表示されなくなる問題で無償修理
[元記事]
アップルは、2019年3月から10月に製造された「iPad Air(第3世代)」において「画面に何も表示されなくなる問題」が発生する場合があるとして、無償修理プログラムを実施する。
不具合は、特定の状況下で、一部のiPad Air(第3世代)の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があるというもの。真っ黒になる前に画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがあるという。
対象となるiPad Airについては、AppleまたはApple 正規サービスプロバイダで無償修理する。可能な場合は、修理に出す前にバックアップを行なうよう推奨している。
同プログラムは、対象となる iPad Air(第3世代)に対し、最初の小売販売日から2年間適用される。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク