スポンサードリンク

Dropbox Business、「巻き戻し機能」などで管理機能を強化(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Dropbox Business、「巻き戻し機能」などで管理機能を強化
[元記事]
Dropbox Japanは3月26日、Dropbox Businessの管理機能を強化したと発表。「巻き戻し機能」や「ファイルロック機能」などの新機能を追加したほか、インサイトダッシュボードも刷新した。【もっと写真を見る】

 Dropbox Japanは3月26日、Dropbox Businessに「巻き戻し機能」などの新機能を追加し、管理機能を強化したと発表。
 
 巻き戻し機能は、Dropbox PlusとProfessionalのユーザーを対象に提供していたもの。同機能を使うと、たとえばランサムウェアなどのマルウェア被害にあった場合、フォルダやアカウント全体を180日以上前に戻すことができる。また、メンバーが誤ってデータを削除してしまった場合でも、ユーザー側の管理者がチームの全コンテンツを元の状態に戻せるとのこと。
 
 そのほか、チームの業務効率をさらに高めるエンドユーザー向けの新機能として、「ファイルロック機能」と「ハードドライブ使用量の自動節約機能」も導入する。
 
 ファイルロック機能は、共有フォルダに保存しているファイルをユーザーがロックし、ほかのユーザーが同時に編集できないようにする機能。たとえば、複数人で共有しているExcelファイル内のデータを財務担当者が変更したい場合、該当ファイルをロックし、財務担当者以外のユーザーがアクセスすると、該当ファイルは読み取り専用モードで開くため、複数人による同時編集ができなくなる。最初のユーザーがロックを解除すると、ほかのユーザーは通常どおり編集が可能になるとのこと。
 
 ファイルのロック解除を忘れてしまった場合も、編集中のユーザーに通知を送ってロック解除を依頼できる。また、管理者も管理コンソールからファイルのロックを解除できる。
 
 ハードドライブ使用量を自動で節約する機能は、スマートシンクの強化として導入するもの。デスクトップアプリの設定画面で同機能を有効にすると、数ヵ月間アクセスされていないファイルが自動的に検出され、「オンラインのみ」としてマークされる。通常の「オンラインのみ」ファイルと同様に、ダブルクリックすると自動的にダウンロードされてファイルを開くことができる。
 
 上記新機能の実装とともに、インサイトダッシュボードも刷新した。必要な対応がすばやくできるよう、ストレージの利用状況やチームが共有している外部ドメインと共有の頻度、ライセンスの利用状況など、重要度の高いユーザーアクティビティーをダッシュボードの目立つ箇所に配置したとのこと。
 
文● ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク