スポンサードリンク

マスクが足りない不安、募るストレス……新型コロナで緊張続く医療現場 医療従事者への“サラダ支援”に「食べることしか楽しみがないのでありがたい」(ねとらぼ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

マスクが足りない不安、募るストレス……新型コロナで緊張続く医療現場 医療従事者への“サラダ支援”に「食べることしか楽しみがないのでありがたい」
[元記事]
 東京都での新型コロナウイルス感染者数が急増し、各都・各県で今週末の不要不急の外出自粛要請や東京への移動自粛要請が出されたことで、関東に緊張が走っています。民間においてもマスクなどの資材の品薄状態が続いていますが、医療従事者はさらなる緊張状態に置かれています。【画像】サラダに書かれたメッセージ 医療従事者を支援する動きも見えてきています。カスタムサラダ専門店の「クリスプ・サラダワークス」は3月25日、医療従事者と病院勤務者に向けてテイクアウトサラダの無料提供を始めました。
 運営するクリスプの宮野浩史代表取締役は「いま、世界中の多くの方が新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延に苦しみ、また見えない不安を抱えている時だからこそ、私たちは最前線で働く医療従事者への支援が重要であると考えています。国民の不安と対峙し、献身的そして勇敢に感染予防や診療などの業務に日夜従事し医療を支えている医療関係者の方々に心から敬意を表します」とコメント。
 公式モバイルアプリを通じてプロモーションコードを入力して注文し、店頭ピックアップの際に医療従事者・病院勤務者であることを証明するIDをスタッフに提示すると、1日1点まで無料でテイクアウトサラダがもらえます。
 この支援に対し、関東の循環器・呼吸器病棟で勤務する看護師歴10年の山田さん(仮名)が「支援がうれしかったのを伝えたい」とねとらぼにメッセージを送ってくれました。山田さんは勤務経路にクリスプの店舗があり、初日から利用をスタート。勤務終わりや夜勤前にピックアップし、夕飯として利用しているといいます。
 「10年以上医療現場で働いていて、こうした支援を受けるのは私は初めてです。ピックアップ時、無料で作っていただいているのに店員さんに『ありがとうございます、頑張ってください』と言われて、すごく心温まり元気が出ました。注文時に入力するプロモーションコードが『hero(ヒーロー)』なのもなんだかうれしかったです。今は旅行や観劇などのエンターテイメントも得ることができず、食べることしか楽しみがないので、そういった面でも本当にありがたいですね」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク