スポンサードリンク

見どころ満載の日本ラグビー名勝負選 東芝の名キャプテン冨岡鉄平の雄姿、若き日の大野均、廣瀬俊朗は必見。(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

見どころ満載の日本ラグビー名勝負選 東芝の名キャプテン冨岡鉄平の雄姿、若き日の大野均、廣瀬俊朗は必見。
[元記事]
トップリーグはシーズン途中での中止を決定。スーパーラグビーは新たなフォーマットを模索中だ。ラグビーロスになっている皆さんは多いだろう。こんなときこそ、過去の名勝負をじっくり観戦したい。

第90回全国高校ラグビー大会・決勝「桐蔭学園対東福岡」と聞いて、両校優勝の試合だと思い出す人はかなりの高校ラグビー通だ。この大会は、2010年12月27日~2011年1月8日にかけて行われた。90回の節目の記念で例年より4校枠を増やし、55校で行われた。「史上最高レベルの大会」になると、前評判の高い大会だった。
枠の増えた神奈川県からは桐蔭学園と慶應義塾が出場。桐蔭学園は東西のAシード4校の一角。2019年、日本列島を熱狂の渦に巻き込んだ日本代表の松島幸太朗(3年生、FB)、日本代表、サンウルブズで活躍することになる小倉順平(3年、SO)、現在のリコーブラックラムズのキャプテン濱野大輔(2年、CTB)、現サントリーサンゴリアスの中村駿太(2年、HO)など好選手が揃い、悲願の初優勝を目指していた。

一方、福岡県も枠が増え、東福岡と福岡が出場。福岡高校には、のちの日本代表WTB福岡堅樹がいた。そして、東福岡は前人未到の2年連続春冬制覇を目指す常勝軍団だった。現クボタスピアーズの北川賢吾(3年、PR)、松波昭哉(3年、PR)、サンウルブズの木村貴大(2年、FL)、パナソニックワイルドナイツ、サンウルブズ、日本代表の布巻峻介(3年、CTB)、ヤマハ発動機ジュビロの西内勇人(3年、FL)、そして、2015年のラグビーワールドカップに出場し、現在の7人制日本代表でもあるパナソニックの藤田慶和(2年、FB)ら、こちらもキラ星のごとくタレントが揃っていた。
史上最高レベルの大会で決勝に進んだ両チームの戦いは、一時21点をリードした桐蔭学園に東福岡が追いつく衝撃の展開となる。3トライ、3ゴール差なら追いつけると、あきらめず追いかける東福岡の選手たちの自信、正確なプレーに驚かされる。高校生離れした技術と、無心にプレーする高校生らしさ。極上の戦いをぜひご覧いただきたい。しばらく後、桐蔭学園を卒業した松島幸太朗は、トップリーグ入りせず、南アフリカへ武者修行に旅立つのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク