スポンサードリンク

台湾のIT大臣・唐鳳氏が東京都の新型コロナウイルス対策サイトに突如プルリク、界隈が騒然(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

台湾のIT大臣・唐鳳氏が東京都の新型コロナウイルス対策サイトに突如プルリク、界隈が騒然
[元記事]
 “やじうまの杜”では、ニュース・レビューにこだわらない幅広い話題をお伝えします。
 先日、東京都が“GitHub”に開設した新型コロナウイルス(COVID-19)対策サイトがすごいと話題になっているとお伝えしましたが、なんとこのWebサイトに台湾のIT大臣・唐鳳(オードリー・タン)氏がプルリクエストを送ってくれたのだそうです。
台湾のIT大臣のオードリータンさんにも翻訳に参加いただきました。謝謝です。多くの人に届くように多言語版の開発を進めていきます。 https://t.co/1h4luoEjh4
― 小池百合子 (@ecoyuri) March 8, 2020・Fix language selector label for zh-TW (体 -> 體) by audreyt ・ Pull Request #827 ・ tokyo-metropolitan-gov/covid19
 プルリクエスト(PR、プルリク)とは、修正コードを送って、プロジェクトへの統合を依頼する“GitHub”の機能です。つまり、“(間違っている部分や改善した方がいいと思う部分を)実際に修正したソースコードを送りましたよ。よかったら本番サイトに反映してください”って感じですね。
 唐鳳氏が送ってくれたプルリクは、設定ファイルで“繁体字”になっていた部分を“繁體字”に変えるという簡単なモノでしたが、逆に言えばこういう些細な改善でもプロジェクトにとっては有益だということ。ちょっとした誤字脱字を報告するだけでも、オープンソースにとっては重要な貢献になるということを身をもって示してくれているわけですね。
 プルリクのやり方はよくわからないなーっていう人も、“イシュー(issue)”であれば比較的簡単に投稿できると思います。おかしな点や改善点を見つけたら、気軽に報告してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク