スポンサードリンク

富士通がDX専門会社を通じて実現したいことは? 時田社長が事業方針を説明(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

富士通がDX専門会社を通じて実現したいことは? 時田社長が事業方針を説明
[元記事]
 富士通株式会社は9日、デジタルトランスフォーメーション(DX)ビジネスの専門会社「Ridgelinez株式会社」が2020年4月1日から事業を開始するのにあわせて、事業方針などについて説明した。【この記事に関する別の画像を見る】 なお、記者会見は同社初のオンライン形式で開催された。富士通設立以来初のオンライン会見は、DX新会社の設立という、同社の新たな取り組みを象徴する内容となった。
■自立した競争力のある企業を目指す新会社
 富士通の時田隆仁社長は、「Ridgelinezは、富士通のDXビジネスを加速する新会社であり、富士通グループのDX企業を具現化した、ひとつの姿となる。富士通の一部門ではなく、自立した企業として、競争力のある企業を目指す」と前置き。
 「DXビジネスの本格化や、DX企業への変革をドライブするために、新たな仲間を迎えて取り組む。富士通とは異なる新たなカルチャーのもと、独自の仕組みや社内制度を整備して、柔軟性、機動性に長けた活動を行う会社になる。ゼロから1を生み出すトランスフォーメーションをデザインする集団として、コンサルティングから最新テクノロジーの実装まで、ワンストップのサービスを提供する。富士通は、テクノロジーと豊富な顧客基盤を生かし、Ridgelinezを強力なパートナーの1社と位置づけ、顧客や社会に貢献する」と語った。
 Ridgelinezの社長には、PwCジャパン 副代表執行役 シニアパートナーの今井俊哉氏が、4月1日付で就任する予定だ。今井氏は、1982年に新卒で富士通に入社。製造業向けのSEおよび営業として勤務したのち、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトンやSAPジャパン、ベイン・アンド・カンパニー・ジャパンなどを経て、PwCとブーズ・アンド・カンパニーの統合により、PwCコンサルティングに入社。現在に至っている(いずれも社名は当時)。
 Ridgelinezの今井新社長は、「Ridgelinezが目指しているのは、Transformation Design Firm(変革創出企業)であり、Transformation Design for Alternative Futuresする(未来を変える、変革を創る)ことである。この目標に高いエネルギーと志を持って取り組みたい」とコメント。
 さらに、「お客さまと社会の変革を創出し、非連続な未来を実現することができるような、これまでとは違う成果を出せる会社になりたい。未来はひとつではない。変革の先にはさまざまな未来があり、さまざまな結果がある。そのなかで、最も適した未来をたどり着くことが大切である。長年に渡り、外から富士通グループを見ていた立場から、感じることや変えてみたいと思ったことを、自分の手で行いたいと思うとともに、スピード感を持った変革の手伝いができればと思っている」などとした。
 富士通の時田社長は、今井新社長に関して、「当社プロジェクトへのコンサルティングを通じて富士通に接しており、また、いくつものコンサルティングファームの実績を築き上げてきた経験がある。コンサルティング会社として、必要な機能や制度を迅速に移植し、円滑に実現していける人材だと考えている。Ridgelinezがこれまでの富士通になかったスピード感でビジネスを展開し、富士通が目指すDX企業への変革の方向性を示す、よきリファレンスとなることに期待している。Ridgelinezが企業としてどのように成長し、どのような顧客のDXを実現するかに期待している」と述べた。
■2~3年後で200億円前後の売上高を見込む
 Ridgelinezの資本金は1億円で、富士通が100%出資。2020年1月15日に会社を設立しており、事業開始日は2020年4月1日。所在地は、東京都千代田区丸の内の丸の内パークビルディングになる。
 今井新社長は、「丸の内パークビルディングのあるエリアは、丸の内ブリックスクエアと呼ばれ、もともとは3つのビルの集合体を再開発した場所。3つのビルのうちのひとつが古河総合ビルであり、私が富士通に入社したときに本社があった場所だ。縁を感じる場所である。この場所で新たなスタートを切ることになる。先月60歳になったが、気持ちはリボーン、つまり生まれ変わった気持ちで新たな挑戦をしたい」とした。
 Ridgelinezでは、今後2~3年で200億円前後の売上高を目指し、その波及効果として1500億円前後のインパクトを見込んでいる。
 「Ridgelinezはコンサルティングとプロトタイピングを担当することになり、それ以外の領域で5倍~10倍のインパクトが出ると見ている。初年度は日本を中心に活動する。ターゲットとなるのは、グローバルで事業を行っている日本の企業。そのためには、グローバルな技術トレンド、グローバルのトランスフォーメーションをとらえる必要があり、富士通が持つグローバルのアクセスポイントを活用したり、いくつかのコンサルティング会社との連携したりして、グローバルな知見を一緒に作り上げたい」(Ridgelinezの今井新社長)とした。
 当初は、約300人の体制でスタートし、富士通および富士通総研からの出向者が9割を占める。3年後には600人規模に拡大させる計画だ。「2割が離職することを想定した人事政策であり、それをもとに毎年100人ずつ増員していくことになる」とした。
 さらに、「Ridgelinezを一流のプロフェッショナルファームにしたい。自分たちが卓越したスキルを持ち、顧客がやりたいことをしっかり理解し、高い倫理観を持って、顧客をサポートしていく企業を目指す。そのためには、プロフェッショナルとしての市場価値にふさわしい、コンペティティブな報酬体系の導入や、360°評価、サードパーティ評価などの透明性が高い評価制度の採用、リモートワークやフリーランスの活用などを含めたワークプレイスの環境整備に取り組む。タレントが大切であり、タレントをいかに速く集め、いかに効果的に運営していくのかが肝になる。これらは4月1日から実行していくことになる」と述べた。
■Ridgelinezの社名に込めた意味
 Ridgelinezの今井新社長は、「Practical Thought Leadership」を打ち出し、「実践的で、実現性がある思考的リーダーシップによって、顧客を適切な方向にガイドしていくことが大切である。業界動向についての洞察や技術的な実現性を見極め、お客さまが目指すべき姿へと導いていくことが役割である」と話す。
 この姿については、「インダストリー、コンピテンシー、アーキテクチャ、リアライゼーションといった異なる役割を持った組織が一緒になって、顧客のトランスフォーメーションをデザインしていく。売り上げを前年比15%増やすことを目標とした場合に、それによって競合上のポジションが変わるのか、利益率が急激に上がるのか、なにか意味がある数字であれば、それを目標にすることができる」と説明。
 また、「DXは面倒な部分が多い。果実が得られなければ目標が意味をなさない。DXの意味を顧客とともにしっかりと考え、合意形成をしていくことが大切である。また、多くのテクノロジーの組み合わせのなかで、どれを使えば、半年かかっていたものが3日でできるのか、といったことを提案できる力が必要である。こうした異なる役割を持ったチームの組み合わせによって、顧客の問題解決に、実践性を持って取り組みたい」とも述べた。
 そのほか、「グローバルに展開している外資系コンサルティング会社は競合になる。だが、競合と協調は表裏であり、顧客のためには競合とも喜んで手を組むこともある。Ridgelinezとして、やってみたいDXプロジェクトはどんなものであるのかということを、半年後を目標に提示したい。すでにいくつか動いているプロジェクトもある」などとした。
 なお、今井新社長は、Ridgelinezの社名についても説明。「Ridgelinezは、『稜線(りょうせん:Ridgeline)』を由来としている。稜線は山を形づくるものであり、登山道が稜線にあったりする。稜線があるからこそ、山の頂に登ることができる。トランスフォーメーションはチャレンジングなプログラムで、それをやり切るというのは非常に高い目標を持つのと同じ。その頂に到達するためのパスはひとつではない。さまざまなビジネスパートナーと一緒になって、高みに到達したいという思いを込めた。パートナーや顧客とともに取り組むからこそ、Ridgelinezと複数にしている。また、Sではなく、Zとしたのは、AtoZと言われるように、トランスフォーメーションの頭から最後までを手伝いたいという思いを込めた」と話した。
 同社では、「多くの山々が折り重なり合うことで美しい景色を生み出すように、多様な個性・才能との共創が重なることで新たな価値を生み出す存在を目指す」としている。
■DX企業への変革に取り組む富士通
 一方、富士通の時田社長は、富士通がIT企業からDX企業への変革に取り組んでいることに触れ、「富士通の強みはさまざまな先端テクノロジーと強固な顧客基盤に支えられた業種、業務ノウハウの蓄積にある。顧客の各種データを、AIやIoTに注入し、そこから新たな価値を創造し、再び顧客に提供するというデータの還流によって、DXを実現する会社になることを目指している。だが、業種、業務ごとのデータやノウハウを社内でシェアし、うまく活用することができず、豊富なデータを顧客や社会のための価値に還元するための仕組みも十分ではなかった」と発言。
 「富士通は、デジタル領域での成長を目指しており、2022年度にはテクノロジーソリューション全体で、売上高3兆5000億円、営業利益率10%を目指すほか、デジタル領域で売上高1兆3000億円を目指し、さまざまな施策に取り組んでいる」とする。
 その上で、「富士通はDX企業への変革に向けて、DXビジネスを本格化し拡大していくことと、富士通自身がDX企業となるための社内改革を進めていく、という2つに取り組んでいる。私は、できることならば、富士通グループの全社員13万人の一人ひとりと話をしたいと考えており、タウンホールミーティングなども積極的に行っている」と、現在の取り組みを説明。
 そして、「話を聞くと、富士通の社員は、富士通はこう変わらなくてはいけないという具体的な考えを持っており、DXでこんなことをやりたいと言ったときに、現場ではすでに考えている、ということも多かった。すでに下地はできており、そのスイッチを押すだけで富士通は大きく変わる。デジタルビジネスをこうやりたいという具体的なものを持っている社員が、富士通のなかにたくさんいることは財産である」と述べた。
■時田社長が新たな人材を紹介
 今回の会見では、富士通の時田社長が、「富士通はDX企業への変革のために、ビジネスや社内プロセス、カルチャーまでを大きく見直しを図っている。そのなかで最も重要なのは人である。今日は、人を紹介したい」と語り、2019年8月に、インフォシス日本代表から富士通入りし、理事に就任した大西俊介氏のほか、4月1日付で富士通 CIO兼CDXO補佐 執行役員常務に就く福田譲氏、富士通 CMO 理事に就任する山本多絵子氏、3月1日付で富士通 M&A戦略担当 理事に就任したNicholas Fraser(ニコラス・フレイザー)氏を紹介

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク