スポンサードリンク

Innergieの世界最小/最軽量60W USB Type-Cアダプタが国内販売開始(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Innergieの世界最小/最軽量60W USB Type-Cアダプタが国内販売開始
[元記事]
 デルタ電子株式会社は、Innergieブランドの60W USB Type-C電源アダプタ「Innergie 60C Pro」シリーズ2機種と、車載充電器「300 USB-C+A」を日本国内で販売開始した。【この記事に関する別の画像を見る】 「Innergie 60C Pro(Fold)」は折りたたみ式のプラグを装備した、60W出力のモデル。税別価格は8,900円。
 2018年時点で海外で販売開始されており、ノートPCやスマートフォンといったデバイスを多く持ち運ぶユーザーにとって日本国内での正式投入が切望されていた。本体サイズが30.4×30.4×60mm(幅×奥行き×高さ)/容積55ccの世界最小サイズ、85gの世界最軽量が特徴となっている。
 出力は5V/9V/12V/15V/20V(すべて3A)で、92%の高い変換効率を謳う。過電流、過電圧、過熱、過負荷、短絡保護を備えた「InnerShield」機能を搭載。1.5mのUSB Type-Cケーブルが付属するほか、別売りの「Innergie C-T 1.5m」(税別2,180円)を利用することで、Acer、ASUS、Dell、HP、LenovoのノートPCに対応した6種類のプラグで利用できる。
 発売を記念し、公式サイトではInnergie 60C ProとInnergie C-T 1.5mのセットを税別8,980円で販売する。数量限定となっている。
 「Innergie 60C Pro(Intl)」は、海外のコンセントでも使用できる3種類のプラグが付属するモデル。税別価格は9,900円。そのほかの仕様はFoldと共通。
 「30D USB-C+A」はシガーソケット用のアダプタで、USB Type-CとUSB Type-Aの2つを備え、合計30Wの出力が可能。税別価格は2,980円。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク