スポンサードリンク

コスプレバイク女子・美環、アウディ「A1」でドイツの大地に想いを馳せる(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コスプレバイク女子・美環、アウディ「A1」でドイツの大地に想いを馳せる
[元記事]
無事、普通自動車免許(MT)を取得したバイク女子の美環さん。次のステップは、お気に入りの車を探すこと。美環さんの試乗レビュー1回目ということでアウディ「A1」に乗りました!【もっと写真を見る】

 無事、普通自動車免許(しかもイマドキ珍しいMT!)を取得したバイク女子の美環さん(永遠の18歳)。悪戦苦闘して卒業した様子はこちら(目指せロードスター乗り! バイク女子・美環がMT免許に挑戦!)
 
 さて、免許を持ったらクルマが欲しくなるのは当たり前のこと。ですがバイクは詳しくてもクルマに関しては、メーカー名すらも知らない。ということで、今回から美環さんに色々な車に乗って頂き、お気に入りの1台を探してもらおう、ということになりました。気に入ったら買っちゃうかも!?
 
美環さんの欲しい車は
存在しないという現実
 まずは美環さんに「どんな車が好み?」と質問。すると「おめめが丸くて、横がスライドドアで、荷物が広くオートバイが載れるクルマ。あと四輪駆動で悪路も走れて、もちろん普通の道での走りが楽しくて、小回りが利くといいッス。乗り心地や室内空間が快適で、電気(商用100V)が使えるとイイナっ。あと小さくて取り回しのよい安いクルマがイイッス」と、ワガママ姫はかなりの難題を言うではありませんか。
 
 ヘッドライトが丸く、オートバイが積載できるスライドドアの小さな四輪駆動車という段階で、クルマはホンダのN-VANに絞られてしまうのですが、さらにSUVのような最低地上高に、スポーツカーのような走りのよさと乗り心地を両立させ、しかも上質な室内空間も欲しいという。残念ながら美環さんの夢をすべて叶える車はこの世に存在しません。いや、あるかもしれませんが、きっと油田を持ってる富豪でもない限り買えないと思います。
 
 なので、今回は美環さんの希望をほとんど無視して「小さくて乗り心地がよく荷室も十分、スポーツ的な走りも楽しめる」という、昨年フルモデルチェンジしたアウディのコンパクトカー「A1 S LINEパッケージ」というスポーツモデル(約391万円・税込)をチョイス! コンパクトカーのベンチマークといえる車を一度体験してもらおう、というのが今回の趣旨です。
 
現在アウディのいいところ全部のせ!
 2代目アウディA1は、丸みを帯びた前モデルとは異なり、現代アウディらしい直線を基調とした引き締まったフォルムが特徴。大型のフロントグリルとエンジンフードの間には3ヵ所のエアーインレットが設けられています。これはフラグシップの「R8」にのみ採用されているもので、A1に精悍な印象を与えると共に、スポーツテイストを醸し出しています。
 
 リアのテールランプは、アウディ「A8」譲りのLED リヤコンビネーションライト ダイナミックターンインディケーターを備えてクールな印象。この外観やディティールに美環さんは「カッコいいです! おシャンティです! デキる都会の人って感じ」と好印象。
 
 さらに「この色がイイですね!」とS LINE専用色のターボブルーを絶賛。「ツートーンなんですね。いいですツートーン」とカラーリングも気に入った様子。なお、ツートーンは別途オプション(7万円)になります。
 
 リアゲートを開けると、先代より約65L拡大された335Lの荷室空間が姿を現します。後席を倒せば1090Lに拡大。これには美環さんも大満足! 「自転車乗りそう! キャンプ場とかに行ってサイクリングとかやりたーい! でもバイクは乗らないんですね」と残念そう。ちなみに、クルマに乗って一番やりたいことは「私が運転して、ママと一緒に御殿場のアウトレットモールでお買い物がしたい!」だそうです。なんて親思いの娘さんなのでしょう。
 
 エンジンは1.5L直列4気筒ターボで150馬力/トルク25.5kgmを発生。電子制御の7速Sトロニックトランスミッションを介して、前2輪で1220kgの車体を力強く引っ張っていきます。ガソリンはハイオクのみで、タンク容量は40Lです。燃費はJC08モードで17.3km/Lなので、一回の給油で700km弱走行できる、という計算になります。
 
 先代は3ドアと5ドアの2車種がラインアップされていましたが、2代目は5ドア設定のみ。ボディーは少し大きくなり、その増えた分は後席の空間に割り当てられました。それゆえに後席は広々として美環さんも大満足。さらに「何かイイ素材を使っている、という感じがしますね。上質という言葉がぴったりで、お姫様になった気分です」と合格点。
 
曲線ではなく直線を多用したコックピット
 運転席に座った美環さん。「エクステリアと同じ印象のカッコいいインテリアっすなー。こっちもイイもの感がパネェっす!」とテンションアゲアゲで色々なスイッチ類に触れる美環さん。そしてブレーキペダルを踏みながらエンジンオン! すると液晶メーターパネルに出たナビゲーション画面「バーチャルコックピット」に「コレすげーっす!」と感動。このナビはオプションで税込31万円になります。
 
 取材日は真冬で、しかも場所は都内ではなく富士の裾野。最高気温は5度という日でした。寒がりの美環さんは暖房はもちろん、シートヒーターのボタンを目ざとく見つけてオン。「あったけーす」とヌクヌクです。ですがこちら、デラックスオートマチックエアコンディショナーやリヤビューカメラなどの「コンビニエンスパッケージ」という別途オプションに含まれるもので、別途19万円。
 
 実は今回お借りしたクルマ、他にもオプションてんこ盛りで、すべて含めた車両価格は約500万円! 「そんな高いクルマを、私が運転していいのでしょうか?」と不安になる美環さん。それもそのハズ。教習車以外ではじめて運転するクルマがアウディA1だったのです。
 
美環「このクルマ、めっちゃ楽しい!」
 
 ですが、いざ走り始めると至極快適。法定速度を守って元気に走行します。「このクルマ、すっごくブレーキが効きますね。ちょっと踏むだけでキュッと止まりますし、ちょっと踏むとバビューンって進みます!」というのが最初の印象。「ステアリングもしっかりしていて、安心して運転できますね」と、アウディのことを相当気に入った様子。
 
 7速ATはスムーズという言葉がぴったり、やや固めに感じる乗り心地も文句のつけどころは何もなく。真剣な面持ちですが、美環さんも次第に楽しそうに運転されています。
 
 ただ、いつまで経っても、ウインカーとワイパーを間違えるのはご愛嬌。さらに言えば、ウインカーが点灯する位置も美環さんの感覚とは違うようで、進路変更の数回点灯になってしまうことがしばしば。これは慣れでしょう。
 
 筆者も運転したのですが、上位にあたるアウディA3よりも好印象で「大きさといい、乗り心地といい、ステアフィールといい、A3よりA1の方が上質なのでは?」などと、逆転現象に戸惑うほど。A1を一言でいえば「現在アウディの詰め合わせ」といったところでしょうか。これといって欠点が見いだせないアウディA1。ここまでイイとは思わなかった、というのが正直なところです。
 
 イイクルマでテンションアゲアゲの美環さん。そのまま東名高速へ。都内の教習所ではシミュレーターで高速教習を行なう場合が多く、美環さんもそのひとり。よって初めての高速道路体験となります。ETCカードがないのでICで通行券を受け取ろうとする美環さん。ですが背が小さい彼女は届かず、一度クルマから出なければなりません。
 
 アウトバーンの国で生まれたクルマですから、100km/h程度では不安要素は何一つありません。初めての高速道路走行に美環さんは「なんか簡単ですねー。あまり速く走っている感じがしませんね」とニコニコ。そこでオプションで車間距離と車線を監視する運転支援機能をテスト。車間が詰まると速度が低下することを体験すると「わわっ! クルマが勝手に動くッス! すげー! でも、これは絶対に欲しい機能ですね」と必要性を感じたようです。
 
 教習車とは大きく異なるアウディA1に「このクルマ、本当にいいですね! すごい」という言葉を連発する美環さん。「アウディって名前しか聞いたことがなかったんですけれど、ホントにいいクルマなんですね!」と名残惜しそうに美環さんは試乗車の鍵を担当者へ返したのでした。
 
 さて、次回はどんなクルマに乗るのかお楽しみに。
 
文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●美環(@puritendon) 車両協力●アウディジャパン

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク