スポンサードリンク

スーパーラグビーが発表したサンウルブズ歴代ベスト15(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スーパーラグビーが発表したサンウルブズ歴代ベスト15
[元記事]
3月26日、新型コロナウィルス拡大の影響で一時中断しているスーパーラグビーの公式HPで、「SUNWOLVES ALL-TIME BEST XV」というタイトルの記事がアップされた。
ALL-TIME、つまり過去5シーズンにおける、データ的にサンウルブズの「ベスト15」は誰か?という内容。
そして、「All-time best Sunwolves Player」、つまり、サンウルブズの5シーズンでのMVPにはSO(スタンドオフ)ヘイデン・パーカー(神戸製鋼)が選出された。そのMVPに選んだ理由は……
「10トライ以上のアシスト(計12回)をしている唯一の選手で、95のプレースキックを決めており、2018年4月から2019年の4月まで72回蹴って71回成功(この1年間のゴール成功率は驚異の98.6%!)」とのこと。SOパーカーの左足は、サンウルブズにとって大きな武器となっていた。

また、2019年ラグビーワールドカップで活躍したラグビー日本代表選手も5人選ばれている。
HO(フッカー)は2016年の初代キャプテンを務めた堀江翔太だった。選考理由は「サンウルブズの選手では誰よりも多い、167回のラインアウトスローを成功させており、190回のタックル。
17回のディフェンダービートゥン(Defenders Beaten=相手のタックル破って前に出た回数)。7回のクリーンブレイク(相手に触らせずに抜いた数)もあった」とのこと。
日本代表だけでなく、サンウルブズでも堀江は大きな柱となる選手だった。

アウトサイドCTB(センター)はラファエレ ティモシー(神戸製鋼)だった。「ハットトリックを決めたサンウルズの4人の選手のうちの1人で、15回のクリーンブレイクと12回のオフロードを決めて、6つのトライを決めた」。
ハットトリックは2017年7月15日、暑い秩父宮ラグビー場で行われたブルーズ(ニュージーランド)戦だった。
右WTB(ウィング)は、ワールドカップで活躍し、2017年のチーム内のMVPに選ばれた「フェラーリ」の1人、福岡堅樹(パナソニック/7人制ラグビー日本代表候補)だった。
「13試合に出場し、18回のクリーンブレイク、10のオフロード、そして5トライ&3アシストを記録した。またタックル成功率も81%(55/68)と高く、WTBの中では一番高い数値だった」。試合数は多くはないが、攻守にわたり活躍したことがよく出ている数字だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク