スポンサードリンク

岡山公式テストで見えた新GT500車両の勢力図(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

岡山公式テストで見えた新GT500車両の勢力図
[元記事]
新型コロナウイルスの影響により、無観客で開催となったSUPER GTの3月14日・15日の岡山公式テスト。いつもならパドックやグランドスタンドも活気に溢れるのだが、この2日間はGTマシンのエキゾーストノートだけが響き渡る“熱気が全く感じられない”異様な光景が広がった。筆者も現地で取材をしたが、改めて現地で応援してくれるファンの存在がいかに大切なのか……それを改めて知った岡山公式テストとなった。
4月に予定されていた開幕戦岡山の開催が延期となってしまった今シーズンのSUPER GTだが、GT500クラスでは3メーカーが新型マシンを導入し、より注目度の高いシーズンとなっている。

岡山公式テストでは今季GT500クラスに参戦する15チームが一堂に会したのだが、そこで各陣営の“仕上がり具合”と“課題”が垣間見えた。
午前中は雨に見舞われたが、午後のセッション後半はドライコンディションとなったテスト1日目。ここで速さをみせたのがホンダ勢だった。セッション1ではNo.8 ARTA NSX-GTがトップタイムをマークすると、セッション2ではNo.17 KEIHIN NSX-GTがこの週末で唯一の1分17秒台を記録した。

“今年はホンダが速いのか?”順位だけを見ると、一瞬そう感じた。しかしトップタイムを出した17号車のベルトラン・バケットは「走っている条件は多分他とは違う。ウエイトを積んでテストしていたチームもあるだろう。このトップタイムは嬉しいけど、満足はしていない」と控えめなコメント。他のドライバーや関係者に聞いても、自分たちの陣営が優位に立っているとは思っていないようだ。
一方でテスト2日目は昨シーズンから順調にテストをこなしているトヨタ陣営が上位を独占した。午前のセッション3はNo.14 WAKO’S 4CR GR Supra、午後のセッション4ではNo.38 ZENT CERUMO GR Supraがトップタイムをマークした。昨年のGT500チャンピオンである大嶋和也は開幕前で手の内を見せたくないのか、取材でもあまり多くは語らなかったが「ここまで順調にきています」と自信をみせていた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク