スポンサードリンク

スーパーラグビー2010~2012は、群雄割拠の時代 マット・フィールド、ソニー・ビル・ウィリアムズほか 不世出のスーパースターが躍動する。必見!(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スーパーラグビー2010~2012は、群雄割拠の時代 マット・フィールド、ソニー・ビル・ウィリアムズほか 不世出のスーパースターが躍動する。必見!
[元記事]
スーパーラグビーは、1996年から始まった。今シーズンは25周年だ。いまは中断しているが、それまでの中継のなかでは、ときおり懐かしい映像がはさみこまれていた。世界最高のエンターテインメントラグビーとも呼ばれるスーパーラグビーは、激しくぶつかりあいながら、フィールド内を動き回り、変幻自在のパスやキック、スピーディーなラン、鋭角的なステップなどで観客を魅了してきた。

そのスーパーラグビーが新型コロナウイルスの感染症拡大で予期せぬ中断に追い込まれている。こんなときは蔵出し映像である。スーパーラグビーは10年前も20年前も魅せるラグビーだ。この時代に、すでにこんなプレーしていたのかと驚くことも多い。
2010年シーズンは「スーパー14」の時代。ニュージーランド5、オーストラリア4、南アフリカ5の計14チームが参加して行われていた。2009年はブルズが優勝。ヘッドコーチは現在クボタスピアーズを率いるフラン・ルディケ。連覇を目指してレギュラーシーズンを10勝3敗の1位通過。準決勝で2008年の王者クルセイダーズと対戦する。この試合は必見だ。ブルズは、のちにサントリーサンゴリアス入りするSHフーリー・デュプレアが的確な判断とパスでチームを操る。俊足NO8ピエール・スピース(2015~近鉄ライナーズ)の突破力はすさまじい。SOは正確無比のプレースキックを誇るモルネ・ステイン。この時代、世界最高のLOだったヴィクター・マットフィールドがFWの軸だ。

対するクルセイダーズは、現東芝ブレイブルーパスのヘッドコーチ、トッド・ブラッカダーが率いていた。選手はFLリッチー・マコウ、NO8キアラン・リード(2019~トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、SHアンドリュー・エリス(2015~神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、SOダン・カーター(2018~神戸製鋼)とオールブラックスのスター選手が勢ぞろい。マコウ以外は現在、日本のトップリーグ所属だ。このメンバーが負けてしまうのだから、ブルズがいかに強かったか。ぜひ、確認してもらいたい。激しいコンタクト合戦は迫力満点だ。
もう一つの準決勝はストーマーズ対ワラターズ。ここではのちのトップリーガーがSO対決している。ピーター・グラント(神戸製鋼)とベーリック・バーンズ(パナソニックワイルドナイツ→リコーブラックラムズ)だ。そして、決勝戦は、ブルズ対ストーマーズという南アフリカ対決。デュプレア、スピースほか、金髪のCTBヴァイナンド・オリフィエ、SHとWTBを兼任するフランソワ・ホーハートが躍動する。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク