スポンサードリンク

【楽天好き】松井裕樹、練習試合での先発とSNSでの発信(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

【楽天好き】松井裕樹、練習試合での先発とSNSでの発信
[元記事]
仕切り直しだ。3月23日、ついに無観客での練習試合もなくなった。少しでも野球が見られると思っていたのに…と途方に暮れるファンも多いだろう。
だが、新型コロナウィルスの感染拡大は、日に日に深刻さを増している。世界中のスポーツイベントが延期・中止となるなか、プロ野球の開幕日も先に発表されていた「4月10日以降」ではなく、「4月24日を目指す」ことになった。

何事もなければ開幕していたはずだった3月21日、楽天はオリックスとホームで練習試合を行った。今季から先発転向する松井裕樹がまっさらなマウンドに立ち、本番さながらの気合いの入った立ち上がりを見せていた。

松井は全球ストレート勝負で、先頭は空振り三振。2番中村には二塁打を浴び、牽制送球ミスで3塁を陥れられ、続く3番吉田に犠牲フライで先制点を失うも、連打は許さず。

さらに2回は連続四球からの2点タイムリーを浴びたが、この後はていねいにアウトを重ねた。結果、4回4安打3失点で4奪三振3与四球。2週間前のオープン戦では右手に打球を受けて負傷交代したことも考慮してか全82球で降板した。

同試合をJ SPORTSで解説をしていた井上純氏も、「フォアボールと牽制のミスがなければ、完璧に打たれたようなヒットもなく、立ち上がりや課題としている変化球の使い方といい、及第点ではないでしょうか。

あとは先発なので球数を投げることになる。疲労の回復と今後どう対処していくかでしょう」と期待を寄せた。

開幕延期は少なくとも、松井をはじめとする課題が明確な選手たちには、有効活用できる時間だろう。選手会長でエースの則本昂大も「チャレンジしたりと自分の時間ができる」とコメントを発表している。

この日も則本は、6回から登板すると、完璧な仕上がりで2回無安打(無四球)。毎年きっちりと準備をする則本の背中が、引き続きチームを率いてくれそうだ。

なお、翌22日は悪天候で練習試合は中止に。久し振りの試合中継もわずか1試合でお預けとなったが、この日も若手はギラギラとしていたし、ブセニッツは髭がたわわに生えていてビックリしたけれど、変わらない爽やかスマイルを漂わせながら、最終回を三者凡退と文句なしの仕上がりを見せつけていた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク