スポンサードリンク

日本ラグビー史に輝く2つの快挙 サントリーと日本代表が、伝統国ウェールズを倒す(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

日本ラグビー史に輝く2つの快挙 サントリーと日本代表が、伝統国ウェールズを倒す
[元記事]
日本ラグビーと伝統国ウェールズの関係は深い。日本が世界のその名を知らしめたのは、1968年のオールブラックスジュニア(23歳以下ニュージーランド代表)戦勝利。1971年のイングランド代表との3-6の死闘だった。この戦いぶりが評価され、日本代表は1973年、ウェールズラグビー協会から招待を受ける。そして、史上初のウェールズ・イングランド・フランス遠征が行われた。このときはウェールズに大敗したが、1975年には当時、黄金時代だったウェールズが来日。伝説のSHガレス・エドワーズ、WTBジェラルド・デービスらが卓越した個人技を披露し、日本のラグビーファンを魅了した。

日本代表も1983年のウェールズ遠征ではテストマッチで大接戦を繰り広げ、キャプテンのSO松尾雄治が現地で高い評価を受ける。現在、日本では圧倒的にオールブラックス人気が高いが、70年代、80年代前半、ウェールズは日本の海外ラグビーファンの中では一番人気を誇っていた。

そのウェールズとの名勝負は既述の試合も含めて複数あるが、2000年代に入ってからではこの2試合だろう。2001年、まだトップリーグが始まる前のサントリーが単独チームでウェールズを破った試合。そして、2013年、エディー・ジョーンズヘッドコーチ、廣瀬俊朗キャプテン体制の日本代表が勝利した試合である。ともに舞台は秩父宮ラグビー場(東京都港区)だった。

JSPORTSは「日本ラグビー名勝負!」と題し、4月6日に「テストマッチ2013 ウェールズ代表来日ツアー 日本 vs. ウェールズ」、7日に「2001 ラグビーウェールズ代表来日試合 サントリー vs. ウェールズXV」を放送する。

2001年2月25日、国立競技場で行われた日本選手権決勝でサントリーは神戸製鋼と27-27の引き分け両者優勝。5年ぶり2度目の日本選手権制覇を成し遂げる。監督は5年前にもチームを頂点に導いた土田雅人。キャプテンは大久保直哉(現サンウルブズヘッドコーチ)だった。土田監督は、2001年度の目標をジャパンセブンズ、東日本社会人リーグ、全国社会人大会、日本選手権という4冠とし、春のターゲットをウェールズ戦勝利に置いていた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク