スポンサードリンク

Cycle*2014 フレッシュ・ワロンヌ バルベルデ4連覇の始まり!(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Cycle*2014 フレッシュ・ワロンヌ バルベルデ4連覇の始まり!
[元記事]
2014年 アレハンドロ・バルベルデ、これぞ偉大なるマンネリズム
歴史と伝統あるクラシックの中でも、フレッシュ・ワロンヌはかなり風変わりな存在といえる。

そもそも週末ではなく、水曜日に行われる。また、どれほどコースに手を入れ、途中に起伏を加えようとも、レース展開はほぼ定形。逃げ切り勝利は皆無(2003年以来ゼロ)。アタック勝利さえなし。

勝敗はひたすらラスト1.3kmの、おなじみ「ユイの壁」のみで決する。より正確に言えば、ラスト200mに全てが凝縮されている!

だからこそ、なのである。成績を左右するのは時の勢いでも、偶然でもない。勝者に求められるのはずばり、パンチャーとしての純粋なる才能と、壁に対する造詣の深さ。

2度目の参戦で、あっさり平均勾配9.8%・最大26%の坂道を征服しながらも、それ以降、アレハンドロ・バルベルデは「コツ」をつかめずにいた。若き日には「エル・インバティド(無敵)」の名をほしいままにしてきた天才でさえ、ユイを飼いならすのは簡単ではなかった。

「ここ数年は、なんだか拒絶されているような気さえする。ちょっと、怒りさえ感じ始めてるほどだ」

しかし2014年、人生9度目のユイ登坂で、ついにバルベルデは完璧なる方程式を見つけ出す。すなわち「ひたすら最前列に位置すること。一瞬でも下ったら終わり。行く手を塞がれ、もう2度と前に出られなくなる」

あとは焦らず最高のタイミングを待つべし。そしてバルベルデにとっては、どうやらラスト150~100mこそが、自分にふさわしい距離だった。

最後は鮮やかな加速一発。全てを瞬時に置き去りにすると、33歳大ベテランは、待ちに待った2度目のフレッシュ・ワロンヌ勝利を手に入れた。史上最速の2分41秒で、ユイの壁を登り詰めて。

ひとたび攻略法さえ覚えてしまえば、もはやこちらのもの。続く2年間は判で押したように、残り150m前後の加速でさらりと勝利を手にした。しかも「新しい世代がじわじわ台頭してきている。でも僕ら年寄り組は、世代交代の時が来るのを少しでも遅らせるために、戦うのさ」なんて宣言しつつ、2年連続で12歳年下のアラフィリップを蹴散らした。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク