スポンサードリンク

ラグビーW杯2019 運命の大一番 日本代表が因縁のスコットランド代表に挑んだ感動の戦い(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ラグビーW杯2019 運命の大一番 日本代表が因縁のスコットランド代表に挑んだ感動の戦い
[元記事]
あなたにとって、ラグビー日本代表史上最高の試合とは? そんな質問を投げかければ、答えは無数にあるだろう。観戦歴50年以上の人は、1971年のイングランドとの死闘をあげるかもしれない。世界を驚かせたという意味では、2015年ラグビーワールドカップ(RWC)の南アフリカ戦勝利であり、2019年RWCのアイルランド戦勝利だろう。優勝候補の一角を破ったのだから当然なのだが、筆者は2019年RWCのスコットランド戦がベストゲームだと思っている。この試合は「日本ラグビー史上最大の決戦」と言って過言ではなかった。

こんなシチュエーションで行われる試合に出会うのは、一生に一度、あるかないかだろう。初の決勝トーナメントを目指す日本代表だが、RWCではスコットランドに一度も勝ったことがなかった。2015年大会でも決勝トーナメント進出を阻まれている。プール戦3試合を終えての勝ち点は、日本代表が3連勝で「15」、スコットランドが2勝1敗で「10」。もし日本代表がボーナス点を1点もとれず、スコットランドがボーナス点を獲得して勝った場合は勝ち点「15」で並ぶ。その場合、直接対決の勝者であるスコットランドが日本を上回り、勝ち点「16」のアイルランドに続いて決勝トーナメント進出を決めことになる。日本代表は、前大会に続いて3勝しながら予選プールで敗退の可能性もあった。
※ボーナス点=4トライ獲得したチームに1点。7点差以内の負けに1点。

台風の影響でRWC史上初めて3試合が中止。この試合も中止される可能性があった。中止は引き分け扱いとなり、日本代表が戦わずして初のベスト8に進むことになる。これを良しとしないスコットランド首脳陣は、ホスト国の日本が試合を中止にするのではないかと、けん制する発言までした。しかし、その言葉は逆に日本代表選手とサポーターの心に火をつけた。選手もファンも、勝って決勝トーナメントに進出すること以外、眼中になかったからだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク