スポンサードリンク

サンウルブズが、世界を元気にする! 選手とファンがつながり、ひとつになるプロジェクトが始動(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ラグビーW杯2019 運命の大一番 日本代表が因縁のスコットランド代表に挑んだ感動の戦い
[元記事]
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、スーパーラグビーは休止中。今年がラストシーズンだったヒト・コミュニケーションズ サンウルブズについて心配しているファンは多い。しかし、サンウルブズには決してあきらめないチームカルチャーがある。再びプレーできる日を信じて選手たちは準備している。今、多くの選手は故郷に帰国しているが新型コロナウイルスによる皆さんの心身の疲れを少しでも和らげようと「SUNWOLVES ENERGY CHALLENGE PROJECT」(サンウルブズ・エナジー・チャレンジ・プロジェクト)が始動することになった。【動画】ヒトコム サンウルブズ エナジーチャレンジ トレーニング Level.1

公式サイトにあるプロジェクトの趣旨には、こんな一文がある。「世界は今、人々の安全と未来を守るために各国の行き来を封鎖しています。感染が拡大するにつれ鎖国状態になりつつある世界情勢ですが、世界はつながれるし、助け合えると、強く思っています。今こそ、World in Union.の精神を」。今こそ世界中の人々が団結し、この困難を乗り越えようというメッセージだ。

このプロジェクトに参加するには、2つの方法がある。世界中にいるサンウルブズの選手が同時にトレーニングする映像を見て応援する。映像を見てサンウルブズ流トレーニングにチャレンジすることだ。ファンの方も同じようにトレーニング動画を自分で撮ってSNSにアップすると抽選で選手と一緒にトレーニングできる権利が獲得でき、応援コメントをすることでサイン入りグッズが当たるプレゼント企画もある。詳しくは公式サイトにて確認していただきたいが、ライブトレーニングの第一弾は、4月11日(土)、日本時間の15時からだ。

今回のプロジェクトの趣旨、トレーニング種目などについて今季よりサンウルブズ入りした木村貴大選手、サンウルブズの体作りを担当するアシスタントS&C(ストレングス&コンディショニング)コーチ臼井智洋さんにお話を伺った。

──木村選手はスーパーラグビーが中止になって、どんな気持ちでしたか。
木村 僕はここまでのプレータイムが5分で、チームの中でまだ何も残せていません。クルセイダーズ戦(3月14日、これ以降休止に)のあと、このままスーパーラグビーが終わってしまったら僕はどうなるんだろうと不安でした。でも、今はできることをやろうという気持ちです。チームとしては活動できませんが、早朝に走るなど、いざ再開されたときのために準備しています。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク