スポンサードリンク

イチローとランディ・ジョンソン、マリナーズの背番号「51」の永久欠番問題(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

大谷翔平、近況をキャロウェイ投手コーチが報告
[元記事]
現在、『MLB.com』は各球団の次の永久欠番は誰になるのかという特集をしており、各球団の担当記者がそれぞれ、思い思いにその推測と論拠を示した記事を寄稿している。
そんな中、マリナーズを担当するグレッグ・ジョンズ記者は、現地8日付で寄稿した記事の中で、そう遠くない将来に間違いなく永久欠番になるであろう、シアトル・マリナーズの背番号「51」に関する考察をまとめている。
日本人にとって、マリナーズの「51」と言えば、恐らく誰もが昨季引退したばかりのレジェンドを思い浮かべるだろう。
しかし、マリナーズで「51」をつけて活躍した名選手はイチローの他に、もう1人存在した。これについて、ジョンズ記者は次のように書いている。

『マリナーズがいつの日か必ずや背番号「51」を永久欠番とすることに疑問の余地はなく、Tモバイル・パークのセンター側ファサードに並ぶケン・グリフィーJr.の「24」とエドガー・マルティネスの「11」のユニフォームに続き、次に掛けられるユニフォームとなることもほぼ間違いなかろう。

残された疑問は、どれくらいの早さで「51」が壁に飾られることになるのかであり、その際、先に対象となる選手がランディ・ジョンソンなのか、イチロー・スズキなのか、あるいは2人同時ということになるのかということである。

現時点でマリナーズが定める(永久欠番の)標準に達しているのは、グリフィーとマルティネスのみである。しかし、イチローも全ての項目をクリアすることになり、得票率1位で殿堂入りすることは間違いなく、資格が得られる2025年にはマリナーズのキャップをかぶってクーパーズタウン入りすることになる。

メジャーリーグでの19シーズンのうち、14シーズンをシアトルで過ごし、オールスター選出10回、ゴールデングラブ賞獲得10回、そしてア・リーグMVPと新人王獲得の全てをマリナーズで果たしたイチロー。

それだけに、彼の背番号「51」が永久欠番となるのは鉄板であり、それが故に球団は引き続き彼をチェアマン付特別アシスタント兼外野コーチとして雇っているのである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク