スポンサードリンク

リーチ マイケル、現在の生活とコロナ禍で求められる『ONE TEAM』について語る(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

リーチ マイケル、現在の生活とコロナ禍で求められる『ONE TEAM』について語る
[元記事]
4月17日、2019年ラグビーワールドカップでキャプテンとして日本代表を引っ張り、初のベスト8に大きく貢献したFL(フランカー)リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス)がWeb取材に対応した。
まず、新型コロナウィルスの拡大の影響でトップリーグや日本選手権が中止になった現在の心境についてリーチは、「ワールドカップが終わって、トップリーグも日本ラグビー自体も盛り上がっている中で、コロナの影響でラグビーできなくて選手だけでなく、ファンも残念がっていると思います」。
「選手としても東芝でプレーして今季、(チームの)調子よくて、ここから優勝に向けていい準備できたが、コロナの影響で中止になってすごく残念です。けれど命が一番大事なので、(コロナが)感染拡大しないように正しい判断をしたと思います」と話した。
2011年のワールドカップに初出場したリーチは10年以上、トップレベルでラグビーを続けてきた。家族との時間をなかなか取ることができなかったため、リーチは「こんなに家にいて、家族も娘も喜んでいる」。
「娘と工作を一緒に作ったり、ワークブックをやったり、買った本を読んだりと、今までできなかったことをやっています。ラグビーができなくてというストレスはそこまでないです」と笑顔を見せた。

もちろん、プロラグビー選手としてトレーニングを続けている。チームのクラブハウスは使うことができないため、オークションで買った45kgのダンベルで上半身を鍛えたり、娘さんと一緒に縄跳びもしたりしている。
また、日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)ともコンタクトを取っており、6~7月、そして秋のテストマッチが開催されるかどうかはまだわからないが、日本代表のストレングス&コンディショニングコーチからメニューを渡されているとのこと。
「今、チームとして練習できないが、自分でできるトレーニングをできるだけやるようにしている」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク