スポンサードリンク

ルーニーを語らずしてユナイテッドを語ることなかれ(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ルーニーを語らずしてユナイテッドを語ることなかれ
[元記事]
今回は一部で好評らしいマイベスト・シリーズ第三弾。「貢献度で選ぶマンチェスター・ユナイテッド最強チーム/ただしサー・アレックス・ファーガソン退任以降」だ。長ったらしいタイトルだが、要するに暗中模索の7年を支えたのはだれだったのか、という趣旨である。
それにしても人選はイージーだった。なにしろ、基準が貢献度である。満足に働いていない選手の方が圧倒的多い。例えばバスティアン・シュバインシュタイガー、メンフィス・デパイ……。嗚呼、気が遠くなる。

◆GK
ダビド・デヘア
◆DF
アントニオ・バレンシア
クリス・スモーリング
ダレイ・ブリント
アシュリー・ヤング
◆MF
アンデル・エレーラ
マイケル・キャリック
ファン・マタ
ウェイン・ルーニー
◆FW
マーカス・ラシュフォード
ズラタン・イブラヒモヴィッチ
A・ヤングを挙げなければいけない事実が切なすぎる。本来だったら左サイドバックはルーク・ショーだ。今シーズン、ついに復活の糸口をつかんだ(もっとできるはず)とはいえ、サウサンプトンから移籍して5年、ケガとの戦いに明け暮れた。やはり、PSVのエクトル・モレノに見舞われた悪質極まりないタックルが、大きなダメージを招いたのだろう。

さて、エレーラには感謝するしかない。なにが起きてもポジティブなメッセージをSNSで発信し、サポーターを勇気づけていた。豊富な運動量でピッチ上を縦横無尽に駆けまわり、怠慢なプレーは許さなかった。デヘア、マタと並ぶ、〈スペインからやって来た三大守護聖人〉のひとりである。

エレーラ同様、ズラタンもよく闘った。選手としてのピークは過ぎていたものの、彼ならではの存在感で貢献した。この男がドレッシングルームに、キャリントンのトレーニングセンターに現れただけで、若手の背筋がピシッと伸びたという。いわゆる畏怖だ。組織を造るうえで絶対に必要な緊張感を、ズラタンはまとっていた。

そして、ルーニー……。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク