スポンサードリンク

Windows 10アップデート後に異常終了やファイル消失などの不具合発生か(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Windows 10アップデート後に異常終了やファイル消失などの不具合発生か
[元記事]
 Microsoftが14日に公開したWindows 10向けの累積更新プログラム「KB4549951」を適用したユーザーの一部から、適用後にブルースクリーン(BSoD: Blue Screen of Death)やファイル消失が発生したとMicrosoft Communityで報告が上がっている。
 ユーザーの投稿によれば、本アップデートの適用自体に失敗したり、適用後にブルースクリーンが表示される、ストレージ内のファイルが失われるなどといった不具合が複数報告されている。対処法としては、同アップデートをアンインストールすることで改善される場合がある模様。
 執筆時点では、KB4549951に関するMicrosoftからの不具合報告は出ていないが、SNS上でも、適用後に同様の症状が発生したり、PC本体や接続しているデバイスの動作が不安定になったといった声が見受けられており、早期の対応が望まれる。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク