スポンサードリンク

ニューカッスルの立ち位置は数年後に変わっている!?(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ニューカッスルの立ち位置は数年後に変わっている!?
[元記事]
ニューカッスルの買収に関して動きがあった。
先週金曜日のコラムでは、『BBC』(英国公共放送)の情報をもとに「女性実業家のアマンダ・ステイプリーが買収」と報じたが、詳細が明らかになってきた。ステイプリーが10%、イギリスの大富豪であるサイモンとデイビッドのルーベン兄弟も10%の株を保有し、残り80%は『サウジラビア公的投資資金』(PIF)のものになるという。

『BBC』によると、『PIF』の総資産は驚異の2508億6000万ポンド(約33兆3600億円)。リーグ・ナンバー1の経済力に支えられるニューカッスルは、今後4~5年で大変貌を遂げるかもしれない。

イングランドの『クロニクル』紙もカネの臭いを敏感にかぎつけ、新生ニューカッスルの補強候補を探っている。

ガレス・ベイル、ハリー・ケイン、クリスチャーノ・ロウンド、ラヒーム・スターリング、ネイマール、そしてリオネル・メッシ! 名前を出せばいいってもんじゃないっ! 彼らビッグネームがニューカッスルにやって来る可能性は、日本の政治家たちが「コロナ禍ですから歳費以外にも削減します」と言い出すのと同様だ。ほぼありえない。

また、『クロニクル』紙が挙げたハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)はエヴァートン移籍が有力視され、クリスタルパレスのウィルフレド・ザハは、今夏こそステップアップを目論んでいる。ニューカッスルは選択肢に入っていない。

『PIF』の買収によって財政が安定し、移籍市場に莫大な額を投下できるとはいえ、ニューカッスルはネームヴァリューを欠いている。ビッグネームが興味を示すようなステイタスを持たず、来シーズンはヨーロッパのコンペティションにも出場できない。

したがって補強戦略は、将来を担う中堅、若手の昇給と、チームの現状に即した即戦力の獲得が軸になる。アカデミーからトップチームに定着したショーンとマシューのロングスタッフ兄弟、リーグ屈指のドリブラーであるアラン・サンマクシマン、名GKマルティン・ドゥブラフカなどを中心に、チーム創りを進めるべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク