スポンサードリンク

困難突破トーク スポーツは今!B.LEAGUE編/前編 松井啓十郎(京都ハンナリーズ)×辻 直人(川崎ブレイブサンダース)×佐々木クリス(B.LEAGUE公認アナリスト)(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

困難突破トーク スポーツは今!B.LEAGUE編/前編 松井啓十郎(京都ハンナリーズ)×辻 直人(川崎ブレイブサンダース)×佐々木クリス(B.LEAGUE公認アナリスト)
[元記事]
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、シーズン途中での終了となってしまったプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」。選手たちは、この困難を突破すべく、どのようなモチベーションで日々を過ごしているのか?B.LEAGUEを代表する二人の選手に、オンライン上で対談をしてもらった。
19/20シーズンにベスト3P成功率賞を獲得し、KJの愛称を持つ京都ハンナリーズ所属・松井啓十郎(まつい けいじゅうろう)選手。そして、2013年より日本代表に名を連ねる、川崎ブレイブサンダース所属・辻 直人(つじ なおと)選手。多くのバスケットボールファンからも愛されるお二人に、ナビゲーターとしてB.LEAGUE公認アナリストの佐々木クリス氏が、バスケットボールの今、そしてこれからを聞いた。

佐々木:KJこと松井選手、今はどちらに?
松井(以下KJ):今は京都の自宅にいます。ワークルーム、PCが置いてある部屋にいます。ここではネットサーフィンとか、人間をだめにするようなクッションがあるんですけれど、そこで動画を見たり、試合を見たりしています。
辻:僕は自宅のリビングにいます、すぐそこにはみんながいて、違った緊張感がありますので、自分を高めていこうかなと…。何言ってんですかね(笑)。こういう取材の所を家族に見られるのはなかなかないですからね。
佐々木:ライバル関係の二人ですが、普段から二人は話しますか?
KJ:うーん、試合の時とかは辻が後輩らしくしてくれるので…。
辻:そうそう(笑)
KJ:他の先輩に挨拶行くときに、僕に挨拶してみたいな。
辻:いやいや、結構長くしゃべるじゃないですか。話しやすいですもん、包み隠さず話す仲ですもん。
KJ:バスケットのこと以外もね!

佐々木:まずはいまどんな困難に立たされていますか?
KJ:僕だけじゃなく、世界中困っていると思いますが、あれがやりたい、ここに行きたいとかあっても、いまこの状況だと考えてしまう。そういうところの不自由さが、ぼくだけでなく、いろんな人たちが持っているのかなと。今までだったら、気軽にできたことが出来ない。その中で、自分たちがやれることを探しているところなのかなと思っています。
辻:僕もプライベートで言えば、ずーっと家にいるわけなので、、、チームで体育館もトレーニングルームも使えないので、外出はコンビニやスーパーのみ。自宅でトレーニングを続けるしかない状況。これまで、そういう生活をしたことが無かった。最初は「頑張ろう!」だったのだけれど、徐々に自分を奮い立たせないと動けなくなってきた。逆にクリスさんは?
佐々木:お二人がシーズン途中で終わってしまったように、私も途中で終わってしまったので、仕事が減ってしまうという経済的なダメージがあります。そして、例えば、今すぐ会いたいのに会えない。あまりパーソナルなことは言ってこなかったのですけれど、実は息子が2月に生まれて、皆にあわせたいけどそれが出来ない。乗り越えなくちゃいけないけど、不安や人と人とのつながりを、どう乗り越えていくかを考えています。
辻:なんか、イヤですよね。(友人とか)好きな人を不安な目で見ないといけないのはイヤですよね。そういうかかわり方をしたくはないのですが、このご時世と言うか、イヤですよね。
佐々木:チームメイトとのハイ5とか、そういうのが出来ない。KJも考える?
KJ:チームメイトもそうですが、小さい子見かけたときに、サインしたりしたいんですけれど、こういう状況だから接触できないので、子供の落ち込んだ表情が申し訳なくって…。また、外国人選手が母国に帰るにあたって、事前に食事したいとかあるけれどできない、寂しいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク