スポンサードリンク

第1回:刷新されたMicrosoftの個人向けサブスクリプションサービス「Microsoft 365 Personal」を試す(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

第1回:刷新されたMicrosoftの個人向けサブスクリプションサービス「Microsoft 365 Personal」を試す
[元記事]
 Officeアプリケーションを提供する月額課金の個人向けサブスクリプションサービスとして、Microsoftが4月22日から提供を開始したのが「Microsoft 365 Personal」だ。本連載では、このサービスの詳細を解説していきたい。【この記事に関する別の画像を見る】■クラウドサービスのブランドを「Microsoft 365」に集約
 Microsoftから、個人向けのサブスクリプションサービスとして「Microsoft 365 Personal」がリリースされた。これは従来提供されていた「Office 365 Solo」の後継に位置付けられるサービスだ。
 Microsoftでは、企業向けクラウドサービスの「Office 365 Business Essentials/Business Premium」についても、「Microsoft 365 Business Basic/Business Standard」へ改称している。このように、Office 365からMicrosoft 365へとリブランディングすされる流れの中で、Office 365 SoloもMicrosoft 365 Personalに改称されたわけだ。
 サービスには、WindowsやmacOS、Android、iOS(iPadOS)で利用できる各種のOfficeアプリに加え、OneDriveの容量1TB分、Skypeの60分間無料通話、そしてテンプレートやストック写真、アイコンやフォントなどからなる著作権フリーのプレミアムクリエイティブコンテンツが含まれる。
 日本国内での料金(税込)は、年額で1万2984円、月額で1284円で、Office 365 Soloと同じだ。なお、日本国内向けのライセンスではOfficeの商用利用が可能なので、自宅のPCにインストールして、在宅勤務で利用することも可能だ。
■Microsoft 365 PersonalをMicrosoft Storeで購入
 Microsoft 365 Personalは、公式ウェブサイトか、Windows 10のMicrosoft Storeから購入できる。
 Microsoft Storeから購入するのであれば、製品ページにアクセスし、年払いか月払いのいずれかを選ぶ。すると本人確認に進むので、支払い方法を選択して、最後にサービスを申し込めば完了だ。
 ダウンロードが完了すると、Word/Excel/PowerPoint/Outlookに加え、Windowsだけで利用できるAccessやPublisherもインストールされる。いずれかのアプリを起動すると、アカウントの確認とライセンス契約への同意が求められる。
 Microsoft 365 Personalを購入しておけば、Microsoft Officeのウェブサイトにアクセスすると表示される「Officeのインストール」からOfficeアプリをダウンロードできる。
 Microsoft 365 Personalでも、Office 365 Soloと同様にOfficeアプリのインストール台数に制限はない。1台目のデバイスには上記の通り購入時にインストールされるが、必要に応じて利用したい2台目以降のデバイスへインストールをしておこう。
 ただし、同じMicrosoftアカウントを使っているデバイスで、同時にサインインできるのは5台までとなるので、注意しておきたい。
 次回以降は、このMicrosoft 365 Personalで提供されるサービスや機能を細かくチェックしていく。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク