スポンサードリンク

これぞ、チームスポーツの真髄。ヤマハ発動機ジュビロ、悲願の日本一 2015年第52回ラグビー日本選手権・決勝戦(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

これぞ、チームスポーツの真髄。ヤマハ発動機ジュビロ、悲願の日本一 2015年第52回ラグビー日本選手権・決勝戦
[元記事]
2015年2月28日、第52回日本選手権決勝戦。秩父宮ラグビー場でのヤマハ発動機ジュビロの勝利はラグビーファンにとって印象深いものだった。日本の社会人ラグビーの歴史は長いが、一部の強豪チームが常にトップクラスを独占してきた。2003年に発足したジャパンラグビートップリーグでも、2014年度シーズンまでに優勝したのは、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、東芝ブレイブルーパス、サントリーサンゴリアス、三洋電機ワイルドナイツ(後にパナソニック ワイルドナイツ)の4チームのみ。2003年以降の日本選手権を見ると、この4チームに加えてNECグリーンロケッツが頂点に立っている。

創部33年目のヤマハ発動機はトップリーグ発足当初こそ上位に食い込んだが、次第に順位を下げ、いったんは強化を縮小。2010年度には下部リーグとの入替戦にまわった。再び強化体制を整え始めたのは、2011年度のことだ。救世主は早稲田大学、サントリーで実績を残した清宮克幸監督だった。初めてクラブハウスに訪れたときのことを後に語っている。「最初にヤマハに行ったとき、一枚の写真を見つけました。2002年度にヤマハが関西社会人リーグで優勝した時の歓喜の写真です。何とも言えない良い表情をしている。そのとき、『俺はこういう表情をした仲間と写真が撮りたいんだ』という思いを持ったんです」

その思いが強化の原動力だった。五郎丸歩、矢富勇毅など日本代表選手はいたが、他のトップリーグの強豪と比較すればスター選手はおらず、サイズの小さな選手も多かった。サントリー時代に苦楽をともにした長谷川慎コーチを呼び寄せて攻撃の起点となるスクラムを徹底強化し、ボール争奪戦強化のためにレスリング専門コーチ、肉体改造のためには元ボディビルダーと、専門家を招いて独自の強化を敢行。「ヤマハスタイル」と呼ばれるセットプレーからの理詰めの攻撃を築き上げた。2014年度のキャプテンは、強化を休止していた時代に入社したFL三村勇飛丸だった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク