スポンサードリンク

ラグビー王国ニュージーランドの矜持。 世界に先駆けプロリーグを再開! 最強の5チームがフィールドを駆けまわる(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ラグビー王国ニュージーランドの矜持。 世界に先駆けプロリーグを再開! 最強の5チームがフィールドを駆けまわる
[元記事]
世界で最初にプロラグビーを再開させるのは、やはりラグビー王国ニュージーランド(NZ)だった。同国代表オールブラックスは、すべての国との対戦成績で勝ち越す唯一のチームで、ラグビーワールドカップでは優勝3回。1996年に開幕した世界最高峰のプロラグビーリーグ「スーパーラグビー」でも2019年までの24年間でNZ勢が17回優勝している。文字通り、ラグビーの最強国であり、多くの国民がラグビーを心から愛する国である。

もちろん、ラグビーが再開できたのはNZ政府が、新型コロナウイルス感染症に迅速な対応をしたからだ。3月26日から4週間は警戒レベルを「レベル4」に引き上げて都市封鎖。感染を抑え込み、4月27日にはアーダーン首相が「コロナとの闘いに勝った」と勝利宣言。5月11には警戒レベルを「レベル2」に下げ、14日からは小売店、ショッピングモール、カフェ、レストラン、映画館、ジム、公園などの公共スペースが再開されることに。ラグビーやネットボールといったプロスポーツも条件付きで開催が可能になった。

さっそく発表されたのが、「NZ国内版スーパーラグビー・アオテアロア」の開催である。「アオテアロア」は同国の先住民族マオリの言語で「ニュージーランド」を表し、「長く白い雲のたなびく国」という意味がある。今年のスーパーラグビーは第7節(3月13日、14日、15日)を最後に中断したが、勝ち点などは引き継がない。スーパーラグビーのNZカンファレンスの5チーム(クルセイダーズ、ブルーズ、チーフス、ハリケーンズ、ハイランダーズ)が、10週間にわたりホーム&アウェイの総当たり戦で優勝を争う。

6月13日(土)に開幕し、土曜日は日本時間の午後2時5分、日曜日は午後0時5分から1試合ずつ。毎週、1チームは休むことになる。スーパーラグビーで4連覇を目指していたクルセイダーズのスコット・ロバートソンヘッドコーチは「再びプレーする準備が始まることに興奮している」と喜びながらも、国民の健康と安全を守るために政府のガイドラインに従って準備する旨も冷静に語っている。観客、選手、スタッフなどの安全に配慮し、全20試合は無観客で行われる予定だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク