スポンサードリンク

ジャコブってだれ?ウェストブロムを支えた名手を忘れるな(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ジャコブってだれ?ウェストブロムを支えた名手を忘れるな
[元記事]
今回はマイベストシリーズ。「過去20年のプレミアリーグ・ベスト11~ただしアルゼンチン国籍に限る~」をお届けしよう。

◆GK
パウロ・ガッサニーガ(トッテナム)
◆DF
パブロ・サバレタ(マンチェスター・シティ/現ウェストハム)
ファブリツィオ・コロッチーニ(ニューカッスル/現サンロレンソ)
ニコラ・オタメンディ(マンチェスター・シティ)
カブリエル・エインセ(※マンチェスター・ユナイテッド)
◆MF
クラウディオ・ジャコブ(ウェストブロム/現ナシオナル・モンテビデオ)
ハビエル・マスチェラーノ(リヴァプール/現エストゥディアンテス)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム)
◆FW
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)
カルロス・テベス(ウェストハム/現ボカ・ジュニオルス)
レオナルド・ウジョア(レスター/現ラージョ・バジェカーノ)
(※はすでに現役を退いている者。クラブ表記は最も活躍したシーズンから選択。陣形は4-3-2-1のクリスマスツリー型)

GKはガッサニーガしかおらず、エルナン・クレスポ(チェルシー)やフアン・セバスティアン・ベロン(ユナイテッド→チェルシー)、アンヘル・ディマリア(ユナイテッド)は、プレミアリーグのリズムに馴染めなかったため選外とした。ちなみにベロンはデイビッド・ベッカムの右足に嫉妬し、ユナイテッドからチェルシーに移籍したという〈都市伝説〉、いや、タブロイド紙の戯言もある。

それにしても、「実戦に即したメンバーだな」と我ながら満足している。気持ちが折れない選手ばかりだ。ディエゴ・マラドーナ、ガブリエル・バティストゥータ、リオネル・メッシといった史上に残るスーパースターは対象外でも、これだけのメンバーを揃えられる。アルゼンチン・フットボール恐るべし、だ。

4バックは全員が一対一に強く、中盤には技巧派で鳴らすランシーニに、運動量豊富なマスチェラーノとジャコブを揃えた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク