スポンサードリンク

困難突破トーク スポーツは今! スポーツジャーナリスト編/ 山脇明子(ロサンゼルス在住)×杉浦大介(ニューヨーク在住)(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

困難突破トーク スポーツは今! スポーツジャーナリスト編/ 山脇明子(ロサンゼルス在住)×杉浦大介(ニューヨーク在住)
[元記事]
新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大に直面するアメリカでは、日本同様ほとんどのスポーツイベントが中止となっている。その中で、アメリカ在住の日本人スポーツジャーナリストは、今どんな困難に直面しているのか? そしてその困難を突破すべく、どのようなモチベーションで日々を過ごしているのか? 
今回の困難突破トークでは、ロサンゼルス在住でMLB、NBAの取材を中心に活動を行う山脇明子氏と、ニューヨーク在住でMLB、NBA、ボクシングに精通した杉浦大介氏がオンライン上で対談。そして、アメリカンスポーツを熟知したスポーツアンカーの近藤祐司氏が、両氏から「今のアメリカ」を聞いた。
■収録は日本時間5月8日に行われました。

近藤:現在のアメリカはどのような感じですか?
杉浦:ニューヨークはロックダウンされているので、不要不急の外出は出来ないですね。外出はスーパーに行くくらいです。パンデミック前は1年の大半を現場へ取材に行っていたので、生活も劇的に変わりました。基本的に「スポーツの現場」が存在しない状況です。
山脇:私はロサンゼルスに住んでいるのですが、NBAが中止になった3月11日を境に、生活が劇的に変わりました。それまでは出張から帰宅したら、またすぐに出張でしたが、現在の外出は1日1回のジョギングくらいです。そして、10日に1回の買い物から戻ってきたら、商品を「洗って拭いて」で大変です。
近藤:そうすると、取材が難しい現在、お仕事はどんな状況ですか?
杉浦:1年のうち300日以上現場に出ていました。特に、例年ですと4月5月は忙しいんです。MLBは開幕直後、NBAはプレーオフ、ボクシングは5月にビックファイトがありますが、今年はご存知の通り何もありません。
山脇:これまでは現場に出て、取材をして記事を書く、という流れでした。取材が出来なくなった当初は、何をしたらいいのかわからなかったです。現在は、ニュースや発表などをチェックして、そこから日本の方に伝えられるニュースを深堀りして、リサーチして記事にしているという状態です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク